ニトリ流人材育成の秘訣 何のために働く?に向き合う

転職サイト「日経転職版」は特別セミナー「ニトリ組織開発室室長 永島氏が語る自己成長するキャリアメソッド」を開催した。「個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる」という考えのもと、従業員のやる気や能力を高める施策を次々と打ち出している、ニトリ組織開発室室長の永島寛之氏に、自身のキャリアパスやニトリで実践してきた人材育成の考え方について語ってもらった。

私は、個人の成長に起点をおいて「社会課題を解決する」ということを目標にすると、組織は大きく成長していくのではないかと考えています。つまり、組織とは個人が成長するための「ステージ」にすぎないということです。この考え方をベースに、私は現在、ニトリの人事部門の仕事をしています。

ニトリ組織開発室室長の永島寛之氏

私がこのような人事ポリシーをもつようになったのは、ニトリに入社してからです。私はキャリアをメーカーのB to Bの仕事からスタートして、そこからB to Cに移り、さらに目の前のお客様に直接商品を販売する最前線に辿り着き、現在は人事をしています。

40歳のとき、中途採用の面接試験で似鳥会長に会ったとき、「仕事というのは社会課題の解決なんだよ」と言われ、頭にドーンと衝撃がきたことを覚えています。それまでの自分は、自分自身の好奇心や価値観だけで動いていたと思ったからです。

「あしたのマイキャリア」の記事一覧はこちら

今、転職を検討しているあなたへ / 日経転職版

同世代の年収っていくらぐらい?

日経転職版でチェック

>> 年収チェックはこちらから

次のページ
仕事=社会課題の解決