ピンクベージュが人気 生地も色味も上品な一着

「スエットの鉄板カラーはグレーですが、当店では毎年春になると明るいカラーがよく売れます。コーディネートをアップデートできるシーズンカラーにも積極的に挑戦してほしいですね」

そう話すのは、東京のJR高円寺駅近くにある「Lampa(ランパ)」(杉並区)の店主、遠山勇氏だ。「Still by hand(スティルバイハンド)」の1着を選んでくれた。

日本ブランド「スティルバイハンド」のスエット。ステッチを極力排したミニマルなデザインと、けばが少ないコンパクト糸を高密度で編み立てたハリのある生地感が特徴。グレーとピンクベージュの2色がある。Still by hand/サイドポケット クルーネック スウェット 1万7600円

「スティルバイハンドは、どのアイテムも縫い目を極力出さないミニマルなデザインが特徴です。縫製だけでなく、素材の選び方やパターン作りも絶妙なブランドですね。特に30代以降のお客様に人気があります」

本来はスポーティーなアイテムであるスエットも上品に仕上げるのがうまいブランドだと話す遠山氏。今回の一着が上品に見える秘密はどこにあるのだろうか。

一見して分かる生地の滑らかさ。サイドにポケットがつく

「コンパクト糸という、けばが出ないように加工された糸を使用しているので、ツルッとした滑らかな生地に仕上がっています。またオフホワイトに近いピンクベージュの色味も独特です。お客様からも『着ているだけでおしゃれに見える』と評判です」

ちなみにこの絶妙なカラーリングはたまたま来店した色の専門家にも絶賛されたのだそう。コーディネートする際は、長所である上品さを存分に生かしたいところだ。

中に着たシャツの襟は、先まで出さないのが今っぽい。足元はスニーカーより革靴が合いそうだ

「最近はスエットの下に白のロンTを着るのがセオリーですが、その次の一手としては白シャツとの重ね着を提案したいですね。襟をちらっと出すだけで、スエットの品のよさがより生きてくると思いますよ」

文:FACY編集部 平野美紀子(https://facy.jp/)


SUITS OF THE YEAR 2022

3年ぶりの有観客開催となる華やかな授賞式の模様をYouTubeライブで生配信。 スペシャルな受賞者のスーツの着こなしにご注目ください。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2022
Watch Special 2022
SPIRE