コラボで新鮮に J.プレス&サンズ「次世代のアメトラ」

MEN’S EX

2022/9/14
MEN'S EX

アメトラの殿堂というイメージでここを訪れると、カルチャーショックを受けることだろう。20代のシティボーイから往年のトラッド好きまで魅了する気鋭ショップに、アメトラの最先端を見た!




Tomoya KURONO Director of J.PRESS & SON'S

「いつも大切にしているのは、“ストーリー“と“スタイル“」黒野氏

Profile
J.プレス&サンズ ディレクター 黒野智也氏
1985年生まれ。ウィメンズやスポーツウエアなど幅広い分野での経験を経て、2019年より現職。リラックスフィットのセットアップにスエットやキャップ、スニーカーを合わせるのはJ.プレス&サンズの定番スタイルだ。

2019年に誕生した「 J.プレス&サンズ 青山」は、おなじみの「 J.プレス」とはガラリと違った解釈でアメトラを体現するショップだ。そのかじ取り役を務めるのが黒野智也氏である。

「当店は大きく2本の柱で展開しています。ひとつはより若い世代のお客様へ向けて’18 年にローンチした『 J.プレス オリジナルス』。そしてもう一つが、様々な気鋭ブランドとのコラボレーションアイテム群です」

このコラボがまた、実に面白い。ケネスフィールドやクロといった比較的近い立ち位置にある相手だけでなく、ディガウェルのようなモード派に人気のブランドともタッグを組んでいるのだ。

「 J.プレスはもともとイェール大学の敷地内で創業し、学生たちの様々なニーズへ柔軟に対応してきたブランド。ですから、異分野のブランドとコラボするのも決して突飛(とっぴ)ではないと考えています。ただもちろん、話題作りのために無節操なコラボを行うことはありません。私が大切にしているのは、ストーリーとスタイル。なぜ作るのか、どう作るのかを明確にし、それを物語として一着一着に込める。そして、常に“どう着るか”というビジョンをもちながら服を作る。定番の服も、ちょっとした着こなし方でガラリと印象が変わりますよね。古き良きアメトラを継承しつつ、そこにどういう要素を加えれば新しいスタイルを提案できるか。それを絶えず考え、実践することこそが、“次世代のアメトラ”の表現だと思うのです」

1960年代の貴重なアーカイブも

ショップのエントランス付近にしつらえられたアーカイブコーナー。'60年代の希少な資料も含まれ、120年の歴史を誇るJ.プレスの偉大さを物語る。