MEN’S EX

2022/3/12

ボーダーニットは春インナーの最適解だ

爽やかさ満点のアイテムといえば、その筆頭格はボーダーニットだろう。子どもっぽく見せないテクニックをプロの装いからこっそり拝借。

「白パンツを合わせた春らしいフレンチルック」(グランサッソ セールスマネージャー 緑川庸平さん)

GRAN SASSO(グランサッソ)

淡いピンクとグレーのボーダーから季節感があふれる着こなし。レトロな配色のボーダーニットTシャツに白パンツを合わせることで春らしいフレンチルックが完成した。「淡いトーンのコーディネートは全体がぼやけてしまいがちなので、アウターと小物のダークカラーで、引き締めを図っています」という緑川さんの小技も参考にしたい。

ニット2万8600円/グランサッソ、パンツ2万7500円/イースト ハーバー サープラス(以上伊勢丹新宿店) ブルゾン9万6800円/シーラップ、スカーフ1万3200円/ジエレ(以上エスディーアイ) 〈その他は全て本人私物〉

JOHN SMEDLEY(ジョン スメドレー)=左

30ゲージの細かな編み目が最高の柔らかさの秘密

ジョン スメドレーズ シーアイランドコットンと呼ばれる超長綿を使用した8分袖の30ゲージニット。とにかくフワフワした生地の優しい感覚は、一度知れば、後戻りはできない。接ぎ目のアタリがほとんどなく着心地は快適そのもの。吸水性が高く、保湿性にも優れているので、乾燥した時季にはうってつけだ。3万7400円(リーミルズ エージェンシー)

CRUCIANI(クルチアーニ)=右

目の肥えた洒落者もこの上質糸には納得のはず

清涼感とドライタッチを特徴とするイタリアのエミルコットーニ社の強撚コットン素材を採用。ガーター編みとボーダー柄を組んだ凝った仕立ても大きな魅力となっている。袖付けも特徴の一つで、袖山が低めなストレートショルダーにしてあり、柄合わせも極めて丁寧に処理されているのは見事。5万2800円(ストラスブルゴ)

※表示価格は税込みです。

撮影=若林武志 スタイリング=武内雅英 文=川田剛史

MEN'S EX

[MEN’S EX 2022年4月号DIGITAL Editionの記事を再構成]


SUITS OF THE YEAR 2021

アフターコロナを見据え、チャレンジ精神に富んだ7人を表彰。情熱と創意工夫、明るく前向きに物事に取り組む姿勢が、スーツスタイルを一層引き立てる。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2022
SPIRE