経費抑制にもclamp down on ニュースで学ぶ仕事英語デイビッド・セイン(47)

ニュース英語は難しいと思われるかもしれませんが、多くの人が読みやすいように書かれているので、実は英語学習にはうってつけです。ニュースを使った英語学習アプリ「日経LissN」から会話でも使える表現をピックアップし、ニュース内での扱われ方、また日常会話での言い換えバリエーションなどをご紹介し、フレーズの理解をさらに深めてもらいます。ニュースの英語で使える表現の引き出しを増やして、会話のバリエーションを広げていきましょう。

◇   ◇   ◇

今回は、中国のハイテク企業などに対して、アメリカが、制裁を課す決定を下した、というニュースをご紹介いたします。人権侵害や軍事開発に関わったとして、ドローンなどを手がける企業などに対して米国人の証券投資を禁じるなど、事実上の禁輸措置などを課すことになるようです。また、米国からハイテク製品を輸出する場合は許可が必要となり、原則却下されることになるようです。

Let's read !!! 早速記事の一部を読んでみましょう。

US to impose investment bans and embargoes on 42 entities in China, including major drone company
米、中国42団体に投資禁止や禁輸 ドローン大手など
On the 16th, the US Biden administration announced that it will impose sanctions on 42 companies and organizations including DJI, a major drone (unmanned aerial vehicle) company, for being involved in human rights violations and military development in China. It will ban Americans from investing in their securities and impose a de facto embargo on them. It will clamp down on high-tech companies to increase pressure on Xi Jinping’s administration.
In addition to DJI, the Treasury has added eight companies, including supercomputer giant Dawning Information Industry and artificial intelligence (AI) company Megvii Technology, to the investment blacklist. Of these, Dawning Information Industry is listed in Shanghai. The ban will come into effect after February 2022.
It viewed them as a problem because all of them used surveillance technology such as facial recognition to help suppress the Uyghurs in the Xinjiang Uygur Autonomous Region.
(LissN 2022年1月6日配信)

【Words and Phrases】
impose sanctions 制裁を科す
human rights violations 人権侵害
de facto 事実上の
clamp down on 〜を締め付ける
high-tech company ハイテク企業
supercomputer スーパーコンピューター
come into effect 発効する
次のページ
clamp down on...に注目してみよう!
ビジネス書などの書評を紹介
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら