日本のEV化、10年後はどうなっている? 専門家が予測FACT LOGICAL 入山章栄

日本経済新聞社とテレビ東京が動画投稿サイト「YouTube」で展開している、経済バラエティーチャンネル「日経テレ東大学」。その中から、討論番組をNIKKEI STYLEでもご覧いただいております。

世の中にあふれる事実(ファクト)を、感情論ではなく論理的(ロジカル)に読み解いていく経済討論番組「FACT LOGICAL(ファクトロジカル)」。パーソナリティーはマネジメント論が専門の早稲田大学ビジネススクール教授、入山章栄さんです。

「テスラは日本経済を破壊してしまうのか⁉」の下編です。上編に続き米電気自動車(EV)大手のテスラ、そしてにトヨタ自動車に関する話題を軸に自動車業界の行方について議論しました。ゲストは作家で元東京都知事の猪瀬直樹さん、モータージャーナリストの岡崎五朗さん、そして日経BP総合研究所上席研究員の狩集浩志さんです。

日本は出遅れているといわれる中、世界の変化に追い付くために何をすべきなのか。猪瀬さんが主張する「気候変動に合わせた第2の産業革命」、岡崎さんが普及の前提条件として挙げたバッテリーや半導体の国内生産は進むのか。そして10年後、日本のEV化の動きはどうなっているか――。データを元に、大胆予測しました。

日経テレ東大学の他の番組は、こちらからどうぞ。

ビジネス書などの書評を紹介
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら