福岡・糸島半島に現代版塩の道 プリンと合わせ新感覚魅惑のソルトワールド(61)

多くの人たちを魅了してやまない製塩所工房とったんの「塩プリン」

塩は人が生きる上で欠かせないものだからだろう。かつて塩の生産地は経済的に栄え、「塩の道」を通じて各地へ塩が運ばれる過程で沿道も順次発展――国内外の歴史を振り返ると、そんなケースが少なくない。玄界灘に突き出た福岡県西部・糸島半島にある製塩所が今、現代版塩の道の様相を呈している。訪れる観光客が増え、地域全体が活性化している。そこで今回は、その製塩所が人気を博すようになった様々な取り組みについて紹介したい。

その製塩所は「またいちの塩」をつくる「製塩所 工房とったん」(福岡県糸島市)。玄界灘の内海と外海がぶつかりあう糸島半島の西端にある。17年ほど前にこの地に製塩所を構えたのが、平川秀一さん。もともと料理人で、海外に滞在していた一時期、塩とオイルだけで食べるサラダのおいしさに感銘を受け、塩に興味を抱くようになった。帰国した時期は、塩の専売制度が解禁になったころと重なる。塩の選択肢ががぜん増え、さまざまなタイプのものが登場するようになったタイミングだった。

製塩所 工房とったんは糸島半島の西端に位置する

引き続き料理の仕事を続ける中で、塩が違うと料理の味わいが変わることを体感する日々だった、といい、塩の名産地のひとつ、熊本県の天草地方に通い、製塩について勉強した。そうこうするうち、塩づくりへの思いが募り、よい海水を探し求め、たどりついた先が人里離れた糸島半島の西端だった。

初めから順調だったわけではない。当時、まだ塩は安価なものというイメージが強く、当初は地元の人にもなかなか受け入れてもらえなかった、という。塩作りを始めて数年は、工房を訪れる人も少なく、夜は福岡市内の料理店で働き、昼間は塩づくりにいそしむ生活が続いた。

それが今、週末ともなれば数千人の観光客や地元客が訪れる人気工房に変貌した。工房内を自由に見学し、塩作りを目の当たりにできるようにしたことや、休憩所を設け、ベンチやブランコなどを設置したことも奏功したが、最大のきっかけは平川さんが長年かけて開発した「花塩プリン」だった。

次のページ
プリンだけでなく塩そばも