デザート感覚の「黒豆マスカルポーネ」(写真はコース料理の一部として提供されるもの)

「黒豆マスカルポーネ」に黙って出てくるデザートワイン

魅力的な料理ばかりに目を奪われがちだが、実は、店名が示す通り同店の一番の特徴は、すしと一緒にワインを楽しめることにある。10数品の料理やすしが組み込まれたコース(4000円と5000円の2種)では、ワインや日本酒のペアリングを提案(ドリンク代は別)。シャンパンから各国ワイン、こだわりの日本酒までをすしなどと共に楽しめるよう考えていて、ペアリング初心者にも人気だ。

特に、コースの最後に出す「黒豆マスカルポーネ」(甘く煮た黒豆とマスカルポーネチーズを合わせた一品)には、客がオーダーしなくてもこれに合うデザートワインを一緒に出すようにしている。「最後に一杯料理と合わせたワインを飲むことで、ちゃんとペアリングができたという満足感を味わっていただきたい」(綱嶋さん)と考えるためだ。「興味がなかった方も、これをきっかけにペアリングに関心を持っていただければ」と言う。実際、同店で初ペアリングを体験した女性は、「想像以上に楽しかった」と言い、特にデザートワインと黒豆料理の組み合わせが気に入ったそうだ。

こんなことを聞くと、ワイン好きが高じてすしとワインの店を出そうと思いついたのかと思いきや、「もともとは、ワイン好きではなかった」と綱嶋さんは明かす。独立前には、人気居酒屋「塚田農場」などを展開するエー・ピーカンパニー(東京・豊島)で手腕を発揮してきた綱嶋さんが、ワインに目覚めたのは数年前。同社が手掛けるワインを売りにした業態を担当することになってからだ。「仕事のためにソムリエの資格を取る勉強をしたら、『ワインってめちゃくちゃ面白いな』と思ったんです」

それまでは、酒を飲むとなればハイボールやレモンサワー、日本酒。ワインの世界にはなじめなかった。「ソムリエってなんだか上から目線で話されている気がしましたし、横文字やカタカナの羅列で、何がなんだか分からない」というのが綱嶋さんにとってのワインだった。

サンチャモニカ店内。カウンターの他にテーブル席もある

ワインにつきもののテロワール(ブドウ畑を取り巻く自然環境要因のこと)という言葉が苦手だったが、「勉強をするうちに、リンゴの産地である青森で造ったワインはリンゴのような香りが、マンゴーの産地の宮崎ではトロピカルフルーツのような香りが出ると分かった。産地の気候が分かれば、ワインの基本的な傾向も分かると気が付いて。僕は小学校のときから地理や社会科が好きだったんです。だから、世界地図が頭に入れば、ワインはある程度分かるぞって思ったらわくわくした。そこからワインを色々飲んでみたくなったんです」

次のページ
ワイン嫌いだった店主がワインにハマり、日々勉強