dressing

2022/4/18
甘味の1品目「マスカット、ピオーネ、梨のミントゼリーがけ」

甘味は2品付く。1品目は「マスカット、ピオーネ、梨のミントゼリーがけ」。「甘味は手をかけようと思えばいくらでもかけられますが、あくまでもウナギの余韻を楽しむのが役割。旬の果物を盛り合わせて、ゆるく仕上げたミントゼリーで、ウナギの脂をさっぱり落としていただきたいと考えました」(田中さん)

甘味2品目は「抹茶のソルベ」

甘味2品目は、食後のお薄代わりの「抹茶のソルベ」。底にひと口ほどの上品なこし餡(あん)を敷いている。乳製品を使用していないので、ウナギの脂がすっきり流されるよう。

助走から本番、そして余韻と、まさにウナギを最高に美味しく味わうために考え抜かれたコースが堪能できるのだ。

単品で味わいたい時には、天然直焼きウナギを別皿に盛り合わせた「天然 熟成 特上うなぎ 御膳」(1万2800円 ※要予約)、「うなぎ 二段重 御膳」(8800円)、「特上うな重 御膳」(6500円)、「うな丼 御膳」(4500円)がある。すべて吸物と香物が付く。

中でもぜひ一度味わっていただきたいのが、関西風の直焼きと関東風のかば焼きの両方が味わえる、「うなぎ 二段重 御膳」。上段に関西風の直焼き、下段に関東風の白蒸ししてから焼き上げたウナギがはさんである。直焼きは蒸しの工程を入れないため、脂がのったウナギ本来のコクのある味わいを楽しめる。

関西風の直焼きウナギを提供する店はほかにもあるが、小骨を抜いて直焼きしている店はここだけ。小骨を抜くとその穴から適度に脂が落ちるので、直焼きの脂っぽさが苦手な人も美味しく食べられる。「銀座 四代目 高橋屋」だけの「関東直焼き」ともいえる逸品だ。

「銀座という一等地で、『星付きの店』というタイトルを持ちたいと思ったことは銀座に出店した理由のひとつ。そしてもうひとつの理由は、誰かを思う大切な日に使ってもらえる特別な店を、銀座にも出したかったからです」と高橋さん。本店には、かつて結婚式などの大切な日に使った客が、50年ぶり、60年ぶりに懐かしんで訪れることもめずらしくないという。

「銀座は日本各地から美食を求めて多くの人が集まる街。その銀座でも本店と同じように、長く愛される店にしていきたいんです」と高橋さんは語る。

<メニュー>

PARIS 懐石 9800円 / うなぎ 二段重 御膳 8800円

※上記価格のほかにサービス料(10%)。 ※価格は税込み。 ※コース料理に限り、皆様、同じコースでお願いしております。

銀座 四代目 高橋屋
住所:東京都中央区銀座4-12-1-401
電話:03-3547-0021
営業時間 11:30~16:00、17:00~22:00 ※行政の要請により変更あり
定休日 月曜・第2第3火曜
公式HP https://www.takahashiya.org/ginza/
※本記事に掲載された情報は、取材日時点のものです。
※電話番号、営業時間、定休日、メニュー、価格など店舗情報については変更する場合がございますので、店舗にご確認ください。

「dressing」の記事一覧はこちら