dressing

2022/6/20
取材日の「野菜のおひたし」は横浜の地場野菜の小松菜

「野菜のおひたし」は、一年を通して小松菜が多い。というのも意外に知られていないが、小松菜は横浜市が収穫量全国1位。横浜が誇る地場野菜なのだ。茎の部分はしゃっきりみずみずしく、葉の部分はほろ苦く軟らかい。

「小松菜ってこんなにおいしかったのか」と目を見張ることうけ合い。「ゆで方を教えて欲しい、とおっしゃるお客さまも多いんですよ」(山菅さん)。こちらのだししょうゆも、野菜の味を邪魔しない程度に、みりんで甘みをつけている。

「老舗だからといって、ずっと昔の味を守り続けているだけではお客さまは離れていってしまうと思っています。お客さまの好みに合わせて、その時に一番おいしいと感じられるものをお出ししなければ」(山菅さん)

老舗であっても進化を止めないその姿勢は、進取の気性に富んだ横浜そのもの。まさに「濱新」という名にふさわしい。

<メニュー>

うな重五本口 4950円 / うな重六本口 4400円 ※価格は税込み。

元町 濱新
住所:神奈川県横浜市中区元町3-143
電話:045-681-1808
営業時間 水~金曜 12:00〜14:30、 17:00~20:30、 土・日・祝 11:30〜14:30 、 17:00~20:00
定休日 月・火曜 ※祝日の場合は営業
公式HP https://www.hamashin.org
※本記事に掲載された情報は、取材日時点のものです。
※電話番号、営業時間、定休日、メニュー、価格など店舗情報については変更する場合がございますので、店舗にご確認ください。

「dressing」の記事一覧はこちら