波紋呼ぶ「45歳定年制」 その真意を生かすには

現制度下の45歳定年は会社にとってはいちばん得になる(写真はイメージ)
現制度下の45歳定年は会社にとってはいちばん得になる(写真はイメージ)
サントリーホールディングスの社長で政府の経済財政諮問会議の民間議員も務める新浪剛史氏が唱えた「45歳定年制」が大きな波紋を呼んでいます。今年4月に施行された改正高年齢者雇用安定法では、70歳までの就業機会を確保することが企業の努力義務として定められています。新浪氏は定年という言葉の使い方など説明不足があったとしていますが、逆にその真意を生かすにはどうすればよいかを考えていきます。
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら