プロのコーデ サンダルと靴下、合わせ方の「正解」は

《この写真の記事を読む》サンダルで夏を涼しく 靴下とのコーデ、コツ教えます

EDIFICE新宿店の板垣宏明さん
ビルケンシュトック(奥左)、キーン(同右)、ハイアン(手前)のサンダル
「革靴と相性のいいコーディネートに、あえてサンダルを合わせると個性のある着こなしに仕上がります」と板垣さん
ビルケンシュトックのサンダル(2万900円)。靴下は、近年のトレンドである70年代の要素をプラスするタイダイ柄だ
ベスト1万9800円(カーハートWIP)、カットソー 9350円(ETS.マテリオ)、パンツ 7920円(パタゴニア)、ソックス 1980円(ナイキ)、キャップ(私物)
カットソーの生地には光沢感を加えるシルケット加工を施してある。シルクのような上品な質感が魅力だ
キャップはショートパンツと同じくスポーティーな印象のものを選んだ。夏らしい清涼感のある色味もポイント
キーンのサンダル(1万1000円)。「このブランドのサンダルは素足で履くイメージが強いですが、それに靴下を合わせたのもポイントです」と板垣さん
ジャケット 4万6200円(エディフィス)、トップス 8030円(セントジェームス)、パンツ 1万2100円(アーミーツイル)、ソックス4180円(コーギー)、キャップ(私物)
靴下を引き立てるため、インナーはシンプルな白無地のカットソーに。「靴下以外のアイテムをモノトーンでそろえ、全体に統一感を持たせています」
ハイアンのビーチサンダル(3850円)。パンツは今年のトレンドでもあるシアサッカー素材で、落ち着いたモノトーンのストライプ柄が、サンダルのゼブラ柄と合っている
カットソー 8800円(ネストウェル)、パンツ 2万2550円(アボンシェル)、キャップ(私物)
ふんわりと起毛した生地が着こなしの適度なアクセントに