ビジュアル解説 Windows 10をサポート切れまで使う技

日経PC21

【記事はこちら】Windows 11にしない! 10をサポート切れまで使うワザ

図1 Windows 11が公開されて数カ月たつが、無料アップグレードをせずに10のまま使続けている人は多い。「愛機のスペックがアップグレード要件を満たさない」「10を快適に使っているのであえて11にする必要がない」など理由は人それぞれだが、現状の10が快適ならすぐに11に移行する必要はない。サポート切れまで10を使い続けるためのテクニックを紹介していこう
図2 マイクロソフトが公開する11の最低スペックと、編集部お薦めの快適スペックをまとめた。CPU、メモリー、内蔵ストレージのうち1つでも最低スペック以下なら、11にアップグレードしても快適に動作しない可能性が高いので、10のまま使うのが無難。推奨スペックを満たすパソコンなら11にアップグレードしても快適に使えるはずだ
図3 マイクロソフトが定めたWindows 10のサポート期間は2025年10月14日までで、それを過ぎるとOSの更新プログラムが配布されなくなり、セキュリティーリスクが高まるため実質使用不可になる。11のサポート期間は現時点で発表されていないが、2025年以降も使い続けられる可能性は高い。今後も10を使うにしても、サポート切れまでには11に移行する腹づもりで
図4 10はバージョンごとにサポート期限が決まっており、最新のバージョンにしていないとサポート期限ぎりぎりまでは使えない。現在は「21H2(November 2021 Update)」が最新版だ。「2004(May 2020 Update)」はサポート切れなので、万一使っていたらすぐ最新版にアップデートしよう
図5 10の21H2へのアップデートは、「設定」画面の「Windows Update」から実行可能だ。通知がない場合は、マイクロソフトの配布サイトで「今すぐアップデート」をクリックして、ダウンロードした実行ファイルを使ってアップデートできる
図6 11へのアップグレード対応パソコンは、アップグレードを促す通知画面が現れることがある。その場合は「今はWindows 10の使用を継続します」をクリックするか(図左)、「×」ボタン(図下)をクリックすると消え、図5上の10の21H2の通知が現れてアップデート可能になる

【記事はこちら】Windows 11にしない! 10をサポート切れまで使うワザ

[日経PC21 2022年3月号掲載記事を再構成]