LINEの使い勝手が10倍アップする最強カスタマイズ術LINE徹底活用術(2)

日経PC21

「LINE」は今や、スマートフォンを使った主要なコミュニケーション手段となりました。「SNS(交流サイト)は苦手」という人でも、家族や友人とのやり取りにLINEを使っている人は多いでしょう。しかし、「うっかり別人にメッセージを送ってしまった!」「グループに入ったけど、投稿が多すぎて会話が混乱する」など、慣れない操作に戸惑ったり、失敗して恥をかいたりすることも少なくありません。この特集では、そんなLINEを上手に活用するノウハウや裏ワザを4回にわたって徹底解説します。コミュニケーション以外の便利な機能もフル活用しましょう!

◇  ◇  ◇

LINEを初期設定のまま使い続けるのはもったいない。カスタマイズすれば、不要な通知をストップしたり、仲の良い相手に素早く連絡できたりと、使い勝手が格段にアップするからだ(図1)。

無料スタンプの入手や懸賞への応募には、企業の公式アカウントの「友だち」追加が条件になる場合が多い。しかし、登録アカウントが増えると通知も邪魔。「友だち」リストの「公式アカウント」を整理するのが正解だ(図2)。

図1 「友だち」やトークルームが整理できていないと、不要な通知は止まらず、連絡時にもまごつきがち。自分のプロフィール画面が初期設定のままでも味気ない。こんな悩みを解消し、LINEをもっと便利に楽しく使うためのカスタマイズ方法を紹介する
図2 「トーク」タブの一覧で長押しして「削除」や「非表示」を選択しても、新しいメッセージが 届けば 再表示されるので 意 味がない(左1、2)。「ホーム」タブに表示される「友だち」から「公式アカウント」を開き、対象アカウントを長押しして「削除」または「ブロック」を選択するのが正解だ(右1〜3)。どちらを選択しても新しいメッセージは届かなくなる

新着を知らせるLINEのプッシュ通知は便利だが、活発なグループなどで連発されるのは迷惑(図3)。グループや「友だち」単位で通知をオフにするとよい(図4、図5)。LINEは新着メッセージ以外にもさまざまな通知が届く。必要な通知に絞るなら個別にオフにできる(図6、図7)。集中したいときなどには、LINEの全通知の一時停止も可能だ(図8)。

図3 投稿が活発なグループなどはしょっちゅう通知が届くので、大事な相手からの連絡が埋もれてしまう。グループや「友だち」単位で通知を止めるのが基本だ
図4 通知を止めたいトークルームを開いて右上の「≡」ボタンを押し、スピーカーのアイコンをタップして斜線が付いた状態に変える。表示は「通知オン」になる。わざわざトークルームを開かなくても、トークの一覧から設定する方法もある(図5参照)
図5 「トーク」タブを開いて一覧から通知を止めることも可能。Androidでは長押しして「通知オフ」を選択する(左 1、 2)。iPhone では、右にスワイプして斜線付きのスピーカーのアイコンを選択すればよい(右1、2)
図6 Android では「ホーム」タブ右上の歯車ボタンを押して「通知」を開く(1)。通知の種類ごとに個別にオン・オフが可能(2)。「通知設定」を選ぶと、端末側のLINE の通知の設定画面が開く(3)(設定は機種によって異なる)。サイレント通知などは端末側で設定する(4)
図7 iPhone では図6と同様に「通知」を開くと、通知の種類ごとにオン・オフの設定ができる(左)。Androidとは設定項目がやや異なり、「LINE VOOM」や「オープンチャット」はメニューを開いて設定する(右)
図8 LINE からの通知を一時的に停止したい場合は、図6左下、図7左にある「一時停止」を選択すると、「1時間停止」または「午前8時まで停止」のどちらかの停止時間を指定できる(1、2)