Fashion×Analytics オンオフ兼用、ひと味違う革靴

《この写真の記事を読む》デニムやチノパンに合う「2足目革靴」 おすすめ3選

革靴でデニムの足元が引き締まった印象に
ナイキジャパンなど有名ブランドで靴作りに携わってきた坪内浩氏が2008年にスタートしたブランドの一足。アウトソールにはグリップ力が高く手入れがしやすいラバー素材を採用。日本での生産にこだわった質の高さにも定評がある。HIROSHI TSUBOUCHI / EDIFICE別注 コインローファー 2万5850円
こちらはグレー。シャープなシルエットも特徴だ
グレーベースのコーディネートにも映えるブラウン。ベルトと色を合わせるとおしゃれ
同系色のセットアップと合わせた着こなし。都会的でクールな印象だ
1908年にフランスで創業した老舗シューズブランドの一足。Uチップと呼ばれるデザインはオーソドックスなプレーントゥに比べてややカジュアルな表情なのが特徴だ。水に強く丈夫なレザー素材、グリップ力に優れたアウトソールのいずれも自社で開発。Paraboot / CHAMBORD 7万1500円
ジーンズと合わせてもラフな印象にならない。同店の定番であるブランド「リゾルト」のデニムパンツとのコーディネートがおすすめという
カフェ(茶)を合わせた様子。側面に付くネームタグがカジュアル感を醸し出す
2009年にスタートした日本の革靴ブランドMakersに別注した一足。デザイン、木型ともにEULLAのオリジナルで製作している。アッパーにはイタリアの高級タンナー「ルッソディカサンドリーノ」のカーフレザーを採用。フロントのジップパーツは取り外し可能。Makers×EULLA / FRONT TASSEL ZIP PLANE TOE SHOES 9万6800円
甲にジップを配したデザインがユニーク
シンプルなモノトーンのコーディネートのポイントにもしやすい

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram