日経Gooday

野菜の摂取量が多い人は認知症のリスクが低いことが、日本人のデータで示されました。(写真はイメージ=PIXTA)

野菜1日270gを超えたあたりから認知症のリスクは低下

条件を満たした1071人(男性452人、女性619人)を2012年11月まで、24年間追跡し、あらゆる認知症と、アルツハイマー病、血管性認知症の発症の有無を調べました。追跡期間中に759人(70.9%)が死亡しました。また、464人(男性151人、女性313人)が認知症を発症し、うち286人がアルツハイマー病で144人が血管性認知症でした。

結果に影響を与えると考えられる要因(年齢、性別、学歴、脳卒中歴、収縮期血圧、降圧薬の使用、心電図の異常、総コレステロール値、BMI、飲酒習慣、喫煙習慣、運動習慣、総摂取エネルギー、たんぱく質摂取量、脂質摂取量、炭水化物摂取量)を考慮した上でリスクを推定したところ、野菜の摂取量が多いことは、認知症とアルツハイマー病の発症リスクが低いことと関係していました。最低四分位群と比較すると、最高四分位群の認知症リスクは27%低く、アルツハイマー病リスクは31%低くなっていました。一方で、血管性認知症との間には有意な関係は見られませんでした(表1)。また、果物の摂取量と認知症リスクの間には明確な関係は認められませんでした。

表1 野菜、果物の摂取量と認知症リスクの関係

(BMC Geriatr. 2022 Mar 28;22(1):257.)

次に、1日あたりの野菜と果物の摂取量を連続変数として、認知症リスクとの関係をグラフ化しました。先ほどと同様に、関連が予想される多くの要因を考慮した上で分析したところ、野菜の摂取量が1日270gを超えたあたりから、あらゆる認知症のリスクは低下していました。全体の5パーセンタイルに相当する、1日あたりの野菜の摂取量が107gの人と比較した場合に、認知症リスクが有意に低かったのは、1日におおよそ400gを摂取している人でした。

日本で推奨されている野菜の摂取量は1日あたり350gで、果物の摂取量は200gです。そこで、摂取量が1日350g未満だった人と比較した、350g以上だった人のあらゆる認知症リスクを検討したところ、350g以上だった人で24%低く、両群の差は統計学的に有意になりました。一方で、果物の摂取については、1日200g未満の人と1日200g以上の人の認知症リスクに、有意な差は見られませんでした。

最後に、個々の栄養素と認知症リスクの関係を検討したところ、ビタミンA、リボフラビン、ビタミンC、マグネシウム、カルシウム、カリウムの摂取量が多いことは、あらゆる認知症リスクが低いことと有意に関係していました。また、リボフラビンとカルシウムの摂取量が多いことはアルツハイマー病リスクが低いことと、ビタミンA、リボフラビン、ビタミンC、カルシウムの摂取量が多いことは、血管性認知症リスクが低いことと有意に関係していました。なお、食物繊維の摂取も、あらゆる認知症リスクとアルツハイマー病リスクの低下に関係する傾向は見られましたが、統計学的に有意ではありませんでした。

[日経Gooday2022年7月21日付記事を再構成]

大西淳子
医学ジャーナリスト。筑波大学(第二学群・生物学類・医生物学専攻)卒、同大学大学院博士課程(生物科学研究科・生物物理化学専攻)修了。理学博士。公益財団法人エイズ予防財団のリサーチ・レジデントを経てフリーライター、現在に至る。研究者や医療従事者向けの専門的な記事から、科学や健康に関する一般向けの読み物まで、幅広く執筆。

「日経Gooday 30+」の記事一覧はこちら

医療・健康に関する確かな情報をお届けする有料会員制WEBマガジン!

『日経Gooday』(日本経済新聞社、日経BP社)は、医療・健康に関する確かな情報を「WEBマガジン」でお届けするほか、電話1本で体の不安にお答えする「電話相談24」や信頼できる名医・専門家をご紹介するサービス「ベストドクターズ(R)」も提供。無料でお読みいただける記事やコラムもたくさんご用意しております!ぜひ、お気軽にサイトにお越しください。