日経ナショナル ジオグラフィック社

ジベルニーにあるクロード・モネの睡蓮(すいれん)の池は、モネの多くの作品のモチーフになった。この庭は、睡蓮が咲く夏に訪れるといいだろう(PHOTOGRAPH BY TRAVELLINGLIGHT, ALAMY STOCK PHOTO)

ジベルニー(フランス)

旅のヒント:緑豊かな庭園とフランス印象派への賛歌

芸術家の中には、身近な環境からインスピレーションを得る人もいる。だが、クロード・モネほど、創作環境を丹精こめて整備した画家はいないだろう。パリから北西に約70キロメートル、ノルマンディー地方の川沿いの閑静な村、ジベルニーに、モネは40年以上も暮らしていた。ここは、モネにとって家であり、制作の題材であり、造園術を駆使して作りあげた景観だった。

モネが愛した睡蓮(すいれん)の池は、岸辺にシダレヤナギが並び、アーチ型をした緑色の橋が印象的だ。モネは、250点を超える油絵作品に睡蓮を描き、睡蓮に不朽の名声をもたらした。フランス印象派のファンなら、モネの家と庭を訪れ、近くのジベルニー印象派美術館にも足を運んでみよう。

スウェーデンのクラーデスホルメンは、かつてニシン貿易の拠点として栄えた。徒歩またはバルト海を運航するボートで巡ることができる(PHOTOGRAPH BY JOHNER IMAGES, ALAMY STOCK PHOTO)

クラーデスホルメン(スウェーデン)

旅のヒント:豪華なシーフード料理と島のすばらしい景観を楽しもう

スウェーデンの西岸にあるクラーデスホルメンは、小さな島だ。王領の島として、入植を認められた漁師たちが定住し始めたが、その後、ニシン貿易で繁栄した。

今では当時のにぎわいも失われたが、島には漁業博物館があり、バラに囲まれたパステルカラーのコテージも並んでいる。「ソルト&シル」という水上ホテルには、専用の桟橋を設けた客室も用意されているので、気が向けば、島の過去に敬意を表したニシン料理のディナーの前に、バルト海の澄んだ水に飛び込むこともできる。

カップルなら、町の波止場からボートやカヤックで港を出て、青い海を堪能するのもおすすめだ。

フランスのプロバンス地方にあるルールマランの丘の上には、ルネサンス時代の古城がある。このチャーミングで小さな村は、金曜日に開かれる工芸品や農産物の市が有名だ(PHOTOGRAPH BY FLAVIO VALLENARI, ALAMY STOCK PHOTO)

ルールマラン(フランス)

旅のヒント:食欲をそそるマルシェで買い物をして、ふたりでピクニックを

ルールマランは、フランス、プロバンス地方のアビニョンから東に約65キロメートルの場所にある。16世紀の古城がそびえ、石畳の広場があちこちに残っており、週の大半は南仏らしい昔ながらの村の静けさに包まれている。また、ピーター・メイルやアルベール・カミュなどの作家が住んだ村としても知られ、村の小さな墓地にはカミュの墓もある。

だが、金曜日がやってくると、静かな村は一変してにぎやかになる。金曜日の朝8時から、村の中心部のプラタナスの木陰で市場(マルシェ)が開かれるのだ。このマルシェでは、地元の人々が製作した工芸品、陶磁器、ラベンダーが香るせっけんやサシェ(匂い袋)なども並ぶ。

たくさんの店が並ぶマルシェで見逃せないのは、プロバンス産のオリーブ、ジャム、いちご、ワイン、ソーセージ、パン、ペストリーなどを売る店だ。早めに到着して、お目当ての農産物を買いこみ、古城の日陰でふたりのピクニックを楽しもう。

次のページ
テルチ(チェコ)