藤井聡太四冠を生んだ「指さなかった手」の蓄積

指した手より指さなかった手の蓄積が藤井聡太氏の強さを育てた(写真は東京・渋谷の将棋会館、2018年撮影)
指した手より指さなかった手の蓄積が藤井聡太氏の強さを育てた(写真は東京・渋谷の将棋会館、2018年撮影)
19歳の藤井聡太三冠が4連勝で竜王位を奪取し、将棋界の若き第一人者が誕生しました。10代の四冠は初めてで、棋界の8タイトルのうち半分をとったことになります。その藤井氏でも、なかなか新記録は厳しいとされる史上最年少の21歳で名人を獲得した谷川浩司九段(十七世名人)は、少年時代から藤井氏に注目し、5月に「藤井聡太論」(講談社)を出版しました。藤井氏が四冠を達成した要因についても分析しています。