「本能寺」前の大雨、秀吉を天下人に 

梅雨の天候が歴史を変えることも(写真はイメージ)
梅雨の天候が歴史を変えることも(写真はイメージ)
440年前の1582年(天正10年)6月、「本能寺の変」で織田信長は明智光秀の造反に倒れ、その光秀をいち早く討ったのが、信長の後継者として天下統一を果たした羽柴(豊臣)秀吉でした。気象予報士の田家康氏は梅雨の天候が秀吉に味方したと分析します。「本能寺の変の直前に降った大雨が、結果的に秀吉を天下人に押し上げた」と田家氏。企業経営における天候リスク管理の教訓になるかもしれません。