人生を最後まで楽しむための膝の痛みとの付き合い方

日経Gooday(グッデイ)

年を重ねると体のあちこちに不具合が出てくるが、中でも膝の痛みに悩む人は多い。高齢者の膝痛の多くは、変形性膝関節症からくる。変形性膝関節症はどのような病気で、どう予防できるのか。かかってしまったときには、どんな治療方法があるのか。2021年12月に実施された日本抗加齢医学会WEBメディアセミナーでの冨田哲也さんの講演に基づいて、変形性膝関節症のしくみと最新の治療法について紹介しよう。

変形性膝関節症とは?

せっかく長生きをしても、健康でなければ人生を楽しめない。できるだけ最後まで健康でいたいと誰もが願うだろう。高齢者が健康でなくなる原因の約4分の1は、骨、関節、筋肉といった整形外科領域の病気であり、その中で代表的なものが変形性膝関節症だ。

変形性膝関節症の日本での推定患者数は、レントゲンの変化だけで判断すると、女性1670万人、男性では860万人で合計2530万人もいると想定される。特に女性に多く、年齢が上がるとともに増えていく。

では、変形性膝関節症は、どのようにして起こるのだろうか。

関節は関節包で覆われ袋状になっている。関節包の内側に滑膜(かつまく)という膜があり、内部は関節液という液体で満たされている。骨と骨は靱帯でつながれていて、骨と骨の間にはクッションの役割を果たす関節軟骨がある。

写真はイメージ=123RF

「膝関節は複雑で、歩くだけでも垂直方向の圧縮力と前後方向の剪断力(せんだんりょく)がかかります。強い力がかかり続けると関節軟骨がすり減り、関節軟骨がすり減ると骨と骨が直接当たるようになり、滑膜に炎症が起きて痛みの原因となると考えられています」と冨田さんは説明する。

膝関節の変形の程度は、レントゲンで診断できる。レントゲンで膝関節を撮影すると、軟骨は写らないので隙間が空いて見える。ところが、軟骨がすり減ると骨と骨が接していくように見えるので、その状態をグレード0から4の5段階で表す。グレード0と1は正常で、グレード2以上が変形性膝関節症だ。数字が大きくなるほど重度となる。

次のページ
どんな人がなりやすい?