最近また、MA-1が若者たちの間でネオ80年代ルックやネオ90年代ルックなどと呼ばれてはやっているが、当時は今どきの若者のようにオーバーサイズで着るのではなく、みんなトム・クルーズの着こなしをまねていた。

ケミカルウオッシュの「リーバイス501」や「エドウイン」などのジーンズをノーべルトで尻も太腿(もも)もパツンパツンのジャストサイズではき、ジャストサイズで着たMA-1の下は「ヘインズ」の3枚パックの白Tシャツの裾をジーンズにタックイン。どちらかといえばトム・クルーズというよりは80年代後半にトレンディー俳優として人気があった吉田栄作の着こなしに近い。いわゆるこれこそがリアル80年代アメカジである。

軍モノメーカーとして著名なアルファインダストリーズのCWU36P(左、4万4990円)は実際に使われたもの。MA-1(3万3000円)はレプリカだ(東京都世田谷区の「セプティズ」)

ただ、アメカジとミリタリーファッション好きの間では知られたエピソードだが、実は前作のトップガンでトム・クルーズが着ていたフライトジャケットはMA-1ではない。トム・クルーズが演じるマーヴェリックが劇中で着ているのはレザータイプの「G-1」と、襟付きで裏地がオレンジ色ではない「CWU36P」というタイプのフライトジャケットである。

実は「MA-1」ではなかった

では、なぜMA-1が間違ってはやってしまったのか。筆者の推測だが、レザータイプのG-1は当時も高価だったので、そうそう高校生や大学生には手が届かなかった。また、ジーンズに合わせるなら、襟付きのCWU36Pよりニット襟のMA-1の方がコーディネートが楽で、着こなしやすい。そんな理由からではないかと思う。

新作トップガンの公開でフライトジャケット人気再燃なるか(「トップガン マーヴェリック」(公開中)(C) 2022 PARAMOUNT PICTURES. CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED. 配給:東和ピクチャーズ)

むしろ筆者の世代にとってMA-1の着こなしの参考になった映画といえば、スティーブ・マックイーンの遺作になった80年公開の「ハンター」だ。この作品で現代の賞金稼ぎ(ハンター)を演じているスティーブ・マックイーンはいつもブルーのシャツにMA-1を羽織り、「リー」のジーンズに「オニツカタイガー」のスニーカーを履いている。

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2022
SPIRE
次のページ
還暦間近でも変わらぬトム・クルーズ