渋沢栄一のリーダーシップ 源泉にお節介とかわいげも

渋沢栄一への関心はますます高まっている
渋沢栄一への関心はますます高まっている
「日本資本主義の父」渋沢栄一(1840~1931年)への関心がビジネス社会で引き続き高まっています。岸田文雄首相が目指す「新しい資本主義」も渋沢の唱える「合本主義」の中にあるのでしょう。約470企業もの設立にかかわり、近代日本で経済界のけん引役を務めた渋沢のリーダーシップを、『乃公(だいこう)出でずんば 渋沢栄一伝』(KADOKAWA)の著者、北康利氏に聞きました。