日経クロストレンド

独自設計のチップ「M2」で処理能力が向上

デバイスの頭脳には、アップル独自設計の半導体である「Apple M2(以下、M2チップ)」を搭載。その処理性能は、前モデルで採用された初代「Apple M1(以下、M1チップ)」に対して最大1.4倍の高速化を実現している。

Microsoft OfficeやアドビのAdobe Photoshopに代表される、ビジネスやクリエイティブ用途の定番ソフトは、既にアップルMシリーズのチップを載せたMacに最適化が済んでいるため非常にスムーズに動く。またビデオ編集・加工アプリの「LumaFusion」のように、MacにダウンロードできるiPad/iPhoneアプリも少しずつApp Storeに増えてきた。

MacのApp Storeから購入できるiPad/iPhoneのアプリも徐々に増えてきた

新MacBook Airによる動画の編集や書き出しについては、動画処理に特化した「メディアエンジン」と呼ばれる回路を搭載したことが、作業効率の向上に大きく寄与している。iPhoneで撮影した動画をMacBook Airで簡易編集し、ファイルに書き出すまでの速度を比較したところ、M1チップを搭載したMacBook Airの約半分の時間で完了した。昨今はちょっとした動画を資料やプレゼンテーションの素材としてビジネス活用する機会が増えていることから、この進化は仕事で使うビジネスパーソンにとって恩恵があるだろう。

本体の冷却システムに空冷ファンを使わないファンレス設計は、M1チップ搭載MacBook Airから受け継がれている。“静かなMacBook Air”は、負担のかかる処理を実行しても「ファンが回る」ことがないスマホやタブレットに親しんできた若年層にも歓迎されそうだ。M2チップは省電力設計であることから、フル充電からの連続使用も最大18時間というバッテリーのスタミナも頼もしい。

iPhoneやiPadに近づくユーザー体験

22年秋には次期macOS 13 Venturaへの無料アップデートが予定されている。特に注目したい「ステージマネージャ」は、次期iPadOS 16にも共通する新機能だ。macOSの場合、デスクトップに散らかった多くのアプリやウインドウを整理整頓するのに役立つ機能だ。iPadOSの場合は、同時に複数のアプリを起動するマルチタスクの操作性が向上する。Macの操作感が、iPadにまた一段と近くなることが想定される。

次期macOSとiPadOSがともにアップデートにより搭載する「ステージマネージャ」。マルチタスクを快適にする新しいユーザーインターフェースだ

Z世代のような若年層のパソコンユーザーにとっては、薄型で軽く、iPhoneやiPadのようなおなじみのユーザーインターフェースを持つMacBook Airを、長く愛用するメインマシンとして選ぶ意味はあるだろう。また今回、新機種を試してみて、そのパフォーマンスの高さとハンドリングの心地よさに、16万4800円(税込み、以下同)を支払うだけの価値はあると納得した。

Airは新しいカテゴリーのMacBook

シリーズの中で最も手ごろなMacBook Airを、「初めてのMac」として捉えるPCユーザーは多い。それを考えればアップルは、できるだけ安く手に入れたいという潜在Macユーザーの期待に、これからも応えていく必要があるだろう。円安などの影響もあるにせよ、MacBookシリーズの価格が高騰すると、Windowsや他のプラットフォームを採用するライバルとの競争にも勝ち抜けない。

そうしたこともあり、今回、アップルは20年11月に発売したM1チップ搭載のMacBook Airを、10万円台前半から買えるラインアップとして残した。22年7月にアップルが値上げを実施したデバイスの中にもその機種は含まれず、13万4800円という比較的手ごろな価格に据え置かれた。

左が20年に発売されたM1チップ搭載MacBook Air。M2チップ搭載MacBook Airの発売後も継続して販売される。“古い”モデルではあるが、基本価格が3万円安いことからMacBookのエントリーモデルとしても売れ行きが注目される

アップルが今後、Mac向け独自半導体の製造コストを下げられれば、製品価格を下げる余地も生まれるといった期待も残されている。そうなればM1チップ搭載MacBook Airのデザインは変えず、手ごろな価格を維持しながら中身の半導体をアップデートして、macOSによる新体験を提供するビジネスモデルがつくれる。つまりiPhoneやApple Watch、“無印iPad”などで先行する廉価版シリーズを「MacBook SE」として立ち上げることも有効だと筆者は考える。

今回の新MacBook Airは、「ProとSE」の中間に位置付けられる、新たなカテゴリーのMacBookとして捉えてもいいのではないだろうか。

(文・写真 ジャーナリスト兼ライター 山本 敦)

[日経クロストレンド 2022年7月29日の記事を再構成]

「ヒットを狙え」の記事一覧はこちら

「マーケ・デジタル戦略」が分かるデジタルメディア、日経クロストレンド

「日経クロストレンド」では「P&Gマフィア」「AIを使ったリアル店舗の逆襲」「クルマ・鉄道を変えるモビリティ革命『MaaS』」「中国ネット企業の実情」など、次の時代を予見するマーケティング・デジタル戦略の特集記事を毎月たっぷりお届け。マーケ担当者に加えて、経営者・役員やIT担当者など、幅広い層に読んでいただいています。