塩入りデトックスウオーター 熱中症にも備える魅惑のソルトワールド(66)

塩入りデトックスウオーターでおいしく猛暑を乗りきりたい

早めに梅雨が終わったなと思ったら、今度は猛暑が続いている。熱中症で亡くなる人も出ているので、うかうかとはしていられない。そこで熱中症対策にも役立つ塩を使った「デトックスウオーター」を今回はご紹介したい。

デトックスウオーターとは一般にミネラルウオーターにフルーツや野菜、ハーブなどを入れてエキスを浸漬(しんし)させたニアウオーターを指す。砂糖や甘味料は一切使わずに野菜やフルーツのフレーバーや甘味がほんのり漂い、見た目の華やかさも手伝って美容にこだわる海外のセレブリティの間で流行。それが女性らの間で次第に人気を呼ぶようになった。

熱中症対策としてデトックスウオーターをすすめる理由はいくつかある。まずは「おいしい」から。単なる水と違い、ほんのり風味がついているので飲みやすい。またフルーツやハーブの香りでリラックスした気分が味わえる。その日の気分や冷蔵庫にある野菜やフルーツの在庫に応じて、アレンジが自在という点も魅力だ。果糖やブドウ糖を添加したジュースやスポーツドリンク類より低カロリーのため、ダイエット中の方でも気軽に飲めるし、飲んだ後も喉が渇かない。フルーツや野菜が持つビタミンCが水に溶け出すので、ビタミンCも豊富に摂取できるなど何かとメリットが多い。

通常時なら、そのまま飲むのがおすすめだが、猛暑の時は塩を加えるのがポイントとなる。フルーツや野菜から出たカリウムの摂取によって、体内のナトリウムも排出されてしまうからだ。デトックスウオーターの作り方はいたって簡単。1リットルのミネラルウオーターにカットしたフルーツやハーブ、野菜類を入れて冷蔵庫で4時間程度冷やす。炭酸水がお好きな方は炭酸水で作ってもいい。

1リットルのミネラルウオーターにオレンジ2個分くらいを目安に、もっとフレーバーを濃くしたければ、フルーツやハーブを多めにすればいい。夏向けのデトックスウオーターなら塩分濃度は0.5%程度(1リットルの水に対して5g程度)がいいだろう。冷蔵庫で保存すれば約1週間ほど持つ。常温で持ち歩く場合は、安全衛生面からできるだけ早めに飲むようにしたい。

次のページ
汗をかいた時に塩が必要になるワケ