デニムパンツを大人っぽく 決め手は「上下おソロ」感

2021/11/14
LEON

いまLEONが推奨する“ちょいシックなデニム”。そのこなし方のひとつとしてオススメしたいのが、デニムとアウターの色味を合わせるってこと。素材違いの「上下おソロ」感で、グンと洒落(しゃれ)て見えるのです。




デニムパンツの色とアウターの色味を合わせるのも一手

ちょいシックなデニムを上手にこなすには、デニムの色とアウターの色味を合わせるのも一手。カジュアルなセットアップ感覚で合わせるだけでがぜん上品に見えますし、スタイリングも実に楽チン。

コツは上下の素材感を異なるものにすること。同トーンでもメリハリが効いて洒脱(しゃだつ)に見えるのです。

Casual Jacket:ラルディーニ

極上な着心地のジャージージャケット

セットアップよろしく上下で色を合わせつつシャツを挿せば、カジュアルアウターもグッと上品。ジャケット15万4000円/ラルディーニ(トヨダトレーディング プレスルーム)、デニム3万250円/アクネ ストゥディオズ(アクネ ストゥディオズ アオヤマ)、シャツ2万4970円/ギ ローバー(シップス 銀座店)、靴17万6000円/ジェイエムウエストン(ジェイエムウエストン 青山店)、時計90万7500円/IWC

スポーティーなジャージージャケットは、襟元にあしらわれたニットファーとカシミア混の柔らかい肌触りが特徴。ジャパンフィットモデルなので、着心地もいいんです。

Suede Blouson:チンクワンタ

ライダーズも品良く着こなす

黒のライダーズには、アセ黒デニムがベストマッチ。「アントレ アミ」の『ガガ』は、テーパードの効いた細身シルエットが特徴です。ブルゾン12万9800円/チンクワンタ、デニム3万1900円/アントレ アミ(インターブリッジ)、ニット3万7400円/スローン、スカーフ1万3200円/トゥモローランド、サングラス4万4110円/オリバー ピープルズ(コンティニュエ)、ブレスレット3万9600円/ビジュピコ(ビジュピコ 上野御徒町本店)、加熱式たばこ3980円/Ploom X(Ploom専用カスタマーサービス)

ブランドのベストセラーモデルである細身のシングルライダーズは、ラギッドとは無縁の上品な雰囲気。素材は上質な山羊のスエードで、薄く削ぐことで軽やかさとしなやかさを実現しています。

次のページ
カジュアルなセットアップ感覚でがぜん上品に
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram