40歳でGAFAに転職→年収3倍 4年でリタイアできた理由GAFAの一角で元部長 寺沢伸洋さん(上)

仕事へのモチベーションは上がったり下がったりを繰り返したという

日系メーカーで17年間勤務し、40歳で米IT(情報技術)大手「GAFA」(グーグルの持ち株会社アルファベット、アップル、フェイスブック、アマゾン・ドット・コム)のうちの1社に事業企画部門の部長として転職した寺沢伸洋さん。1度の転職で年収を3倍まで伸ばし、その後4年で「FIRE(Financial Independence, Retire Early)=経済的自立と早期退職」を遂げた。キャリアアップをどう実現したのか。

(下)GAFA元部長が語る転職成功の鍵 4分割で己の強み知る

新卒入社の企業は10カ月で退職

――順風満帆なキャリアを歩んできたように映ります。

経歴を一見すると、そんな印象を持たれるかもしれません。でも、仕事に対するモチベーション(やる気)は上がったり下がったりの繰り返しでした。そもそも僕は新卒で入社したメーカーを10カ月で退職しました。経理部門に配属されましたが、伝票を端末に打ち込み続ける単調な仕事にどうしてもなじめなかったのです。転職先のメーカーでは「面白い仕事ができるぞ」と張り切っていましたが、最初に配属された営業部門で全く成績が上がらず、意気消沈して辞めることも考えたくらいです。

結果的に17年間勤め続けることになったのは、何回か部署異動をする中でマーケティングや経営企画の仕事にやりがいを見いだすことができたからです。でも、日系企業の会社員であれば多くの人が経験するように、組織から任される仕事は「得意なこと」「好きなこと」ばかりではありません。40代を前に苦手な営業部門に再び配属され、状況を打開したいと考えていました。そんなとき、GAFAのうちの1社で働いている知人から「一緒に働かないか」と声をかけてもらい、採用面接を経て転職するに至りました。

次のページ
年収を上げたければ自分のスキルを「見える化」
ビジネス書などの書評を紹介
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら