シャネル、IWC…男女共有も楽しい「スリム」時計5選2021年新作・名作セレクション(7)

MEN’S EX

2022/2/7
MEN'S EX

新作腕時計が豊富だった2021年。長年時計取材に携わってきたプロたちを中心に、テーマを設けて注目時計を挙げてもらった。

連載7回目の今回は、『MEN'S EX』の平澤香苗編集長が、男女で共有するような使い方も楽しめるスリムな時計を紹介する。




選んだ人 『MEN'S EX』編集長 平澤香苗
2021年は、ずっと狙っていたグランドセイコーの雪白文字盤のレディスモデルと、シャネルのボーイフレンドウォッチを購入。編集長になって各時計ブランドの展示会にも頻繁に足を運ぶうち、欲しいモデルがどんどん増えてきた。いつか海外の時計展示会にも赴くのが夢。

GRAND SEIKO(グランドセイコー)

「4本の時計で日本の四季を表現する――これは、メード・イン・ジャパンを誇るグランドセイコーならではの発想だなと思いました。山奥でひっそり色づきはじめた山桜をイメージした“春分”(左)。梅雨明けに吹く風が水面を揺らす“小暑”(中左)。秋の夜、うろこ雲の向こうに朧(おぼろ)月が浮かぶ漆黒の空が美しい“寒露”(中右)。染み入る冬の静寂に、うっすら差し込む夕日をピンクの文字盤で表現した“冬至”(右)。それぞれの時計の文字盤や秒針の色使いに物語があり、4本セットで購入して海外の人にも自慢したいですね」。SBGJ251とSBGJ249:自動巻き。径39.5mm。SSケース&ブレスレット。各81万4000円。SBGE271とSBGE269:自動巻きスプリングドライブ。径40.2mm。SSケース&ブレスレット。72万6000円(セイコーウオッチお客様相談室)

(左から)SBGJ251、SBGJ249、SBGE271、SBGE269

A. LANGE&SÖHNE(A.ランゲ&ゾーネ)

リトル・ランゲ1・ムーンフェイズ

「コレも展示会でひと目ぼれしたモデル。ホワイトゴールドのケースに包まれたダークネイビーの文字盤は、ダークブルーにのせたゴールドストーンに含まれる銅の粒子が星空のようなきらめきを表現。レザーベルトも実はラメ入りだが、遠目には全体的にシックなネイビーなので、メインは奥様が使ってときにご主人も気分を変えて……という共用的な使い方もありかも? いつか手が届いたらいいなという1本」。手巻き。径36.8mm。18KWGケース。レザーストラップ。535万7000円(A.ランゲ&ゾーネ)

IWC(アイ・ダブリュー・シー)

パイロット・ウォッチ・クロノグラフ 41

「IWCのパイロット・ウォッチ・クロノグラフはずっとカッコイイなと思っていたのですが、径はミニマム43mmで、自分には少し大きすぎるかなと思っていました。そこに2021年、待望の径41mmが登場! 従来よりぐっと小ぶりになった印象があり、これならユニセックスで使えそう。ストラップも、ブレスレットとラバーを簡単に交換できるため、昨今のニューノーマルな働き方にも多様なシーンで着けやすい顔になっていると思います」。自動巻き。径41mm。SSケース&ブレスレット。91万3000円(IWC)

Watch Special 2022

日経電子版 NIKKEI STYLE Men's Fashion 「Watch Special 2022」では、注目の腕時計新作、最新トレンド、インタビュー、ビジネスパーソンのための腕時計基礎講座など、多彩なコンテンツを提供しています。

>> Watch Special 2022はこちら