ダウン・ダッフルコート 「90年代古着が旬」石津祥介氏古着を楽しむ秘訣(中)

ビンテージのダッフルコートを交換して着た。石津祥介さん(左)は「こういう冒険する色こそ、古着で手ごろに手に入れるのがいいよね」。安藤さんは「50年前のものと思えない今っぽい雰囲気」と気に入った様子(東京都港区の石津事務所で)

古着ライフを楽しむ連載の2回目におすすめするのは、ダウンやダッフルコートだ。ビンテージ品を今風に着こなしたいなら、最近のトレンドであるゆったりめのサイズ感のものを探せばいい。大きめサイズが流行した1990年代の品々ならば、おおむね間違いはないだろう。また、鮮やかなオレンジや大胆なチェックといった「冒険したい色柄」こそ、手ごろな値段の古着でトライしてみるのが賢い選択といえる。服飾評論家の石津祥介さん、外資系金融機関に勤める安藤健治さんがビンテージアウターを持ち寄って、着比べてみた。




古着で際立つ ヘビーデューティー

――最近ダッフルコートが人気ですよね。ビジネスカジュアルに合わせたいという人も増えていて、オンでもオフでも活用できる定番アウターとして注目されています。安藤さんが古着店で買ったというこちらのダッフルコートは、明るいオレンジがきれい。しかもゆったり目のサイズ感が今っぽい。

安藤「これは『ショット』というブランドのダッフルコートです。オーバーサイズがまだはやっていない7~8年前に渋谷の古着チェーンで3000円くらいで買いました。偶然出合った掘り出し物でしたが、オレンジは冬のクリスマスシーズンに着たいというイメージがなんとなくありました。ちなみに僕は35年ほど古着店に通っていますけど、5000円以上するものを買うことはめったにありません。実際、ビンテージのコートなどは3000円くらいがほとんどです」

石津「ショットというブランドは、アメリカのワークウエアを得意とするところです。パイロットが着るフライトジャケット『ボマージャケット』だとかライダースが有名だね。それにしても、オレンジのように冒険する色を、古着で安く手に入れるというのは賢いなあ」

――石津家のアーカイブで持ってきていただいたダッフルコートはチェック柄。サイズ感がゆったりしていて、今着たい気分です。

石津「VAN(ヴァンヂャケット)製で、70年代初頭に作られたものです。ダッフルコートではグローバーオールのようなメーカーが有名で、昔からある定番中の定番。英海軍の防寒着として着られてきたから厚手で頑丈です。現代のダッフルコートはより軽く、より薄手に、となっているから、ヘビーデューティーを感じられるのはやっぱり昔のものなのではないかな。見てごらん、50年前のコートだけどへたっていないでしょ。ところで、ダッフルコートに付いているボタン代わりの留め具、これをトグルというんだけど、海で着るものには木製のトグル、山で着るものには動物の角のトグルが付いているんだよ」

安藤「このチェックも大胆で、面白いですね」

次のページ
バブル期の古着 今が狙いどき
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram