日経ナショナル ジオグラフィック社

ライオンに食べられたローンアンテロープの角。体重が250キログラム以上にもなるローンアンテロープは、ライオンの格好の獲物であるだけでなく、密猟者の標的でもある(Photograph by John Wendle)

未知の部分が大きいライオン

ニョコロ=コバを流れるガンビア川とニョコロ川は、森林や渓谷といった多様な景観を育んでいる。この公園は、ライオンやチンパンジー、ゾウが生息するほか、ジャイアントイランド(大型のレイヨウ)やリカオン、ヒョウ、ハイエナなど約60種の哺乳類と、300種以上の鳥類も見られる。

しかし、ニョコロ=コバと、ここにすむ数少ないライオンについては、未知の部分が大きい。「科学的な研究が、まだほとんど行われていないのです」とヘンシェル氏は言う。「ライオンを救うために知りたいこと、知るべきことが、まだまだたくさんあるのです」

アフリカのサバンナに暮らすライオンについてはよく研究されているが、西アフリカのライオンについては、群れの大きさや範囲から、食事、繁殖行動まで、科学的に明らかになっていることはほとんどない。こうした情報を収集するためには、ライオンにGPS(全地球測位システム)首輪を取り付けることが不可欠であり、ナショナル ジオグラフィック協会は、この研究に必要な資金を提供している。

ライオンにGPS首輪を取り付けることで、科学者たちは、ライオンがどこに行き、仲間とどのように交流し、何を食べているかを確認することができる。「これにより、ライオンの個性を本当によく知ることができます」とパンセラの生物学者であるクリス・エベラット氏は語る。

ニョコロ=コバ国立公園内のライオンなどの野生動物は、主にこのガンビア川沿いに生息している(Photograph by John Wendle)

公園の過去と未来

ニョコロ=コバ国立公園の外周部は荒廃している。原因は、ここ数十年の密猟と火災だ。地元住民の意識を高めようとさまざまな取り組みが行われているが、現時点ではたき火や密猟はなくなっていない。

ニョコロ=コバでの密猟は主にセネガル人によるものだが、国境がほど近い隣国ギニアからの密猟者もいる。彼らはわなや毒ではなく銃を使うため、動物が無差別に殺されることは少ないものの、外周部をパトロールするレンジャーにとっては危険が大きく、銃撃されることもあるという。

一方、パトロールが頻繁に行われている公園の中心部では、保護の効果が目に見えて現れている。記者は1週間の滞在期間中に、5頭のライオンのほか、ジャコウネコ科の動物ジェネット、アフリカジャコウネコ、2種のマングース、そして巨体のローヌから可憐(かれん)なオリビまで8種のアンテロープを見ることができた。さらに、ライオンに首輪を取り付けに行く研究チームの車に同乗したときには、密林や水場で、ワニ、イボイノシシ、ギニアヒヒ、サルのほか、絶滅危惧種であるカオジロハゲワシをはじめとする14種の鳥類を目にすることができた。

エベラット氏は、公園の外周部と中心部の違いをタイムトラベルに例えた。荒れ果てた外周部は「危機にある世界遺産」に登録された頃の公園の姿、中心部は明るい未来の公園の姿だ。

回復のもう1つの兆し

ニョコロ=コバでライオンの調査を続けるエベラット氏とヘンシェル氏は、これまでに小さな群れを6〜7つ、大きな群れを2つ、そして単独で行動するオスを数頭確認している。今年の首輪装着キャンペーンでは、3頭の若いオスからなる「連合」を発見し、そのうちの2頭に首輪を装着した。連合は、若いオスが縄張りと配偶者を獲得するのに役立つが、西アフリカではこれまで記録されたことがなかった。今回の発見は、「ニョコロ=コバの回復のもう1つの兆しかもしれない」とエべラット氏は言う。

エベラット氏とヘンシェル氏は、ニョコロ=コバなら180〜240頭のライオンが生きられるはずだと考えている。パンセラと公園管理局は、頂点捕食者の回復が生態系全体の再生につながるとして、この数字を保護活動の目標としている。

公園内のライオンを240頭まで増やすには、パンセラの研究プログラムを拡大し、密猟防止のパトロールを強化する資金が必要だと、ヘンシェル氏は言う。今は、日陰でくつろぐライオンたちの姿が、復興への確かな手ごたえを感じさせてくれる。エベラット氏は、「私は希望を持っています。可能性は十分にあります」と言う。「20年はかかるでしょうが、長期戦は覚悟の上です」

(文・写真 John Wendle、訳 三枝小夜子、日経ナショナル ジオグラフィック)

[ナショナル ジオグラフィック 日本版サイト 2022年7月16日付]