日経プラスワン

金沢医科大学耳鼻咽喉科の三輪高喜主任教授は、治療として漢方薬の当帰芍薬散などを処方するほか、嗅覚トレーニングを指導している。「嗅神経細胞は死滅しても再生する。積極的ににおいを嗅ぐ行為は再生を活性化させる」

写真はイメージ=PIXTA

においは何でもよいが、コーヒー豆やスパイスの効いた料理、入浴剤、整髪料など複数のものを意識して嗅ごう。三輪主任教授は「まずは朝晩1分を目安に4種類のにおいを15秒ずつ嗅ぐ習慣をつけてほしい」とすすめる。

中枢性嗅覚障害は脳挫傷などの頭部のケガや脳の病気が原因で、においの情報を脳が受け取れなくなった状態だ。「アルツハイマー病やパーキンソン病の初期症状としても表れやすい。嗅覚障害がこれらの病気の早期発見に役立つと期待されている」と三輪主任教授。嗅覚トレーニングは外傷後の嗅覚障害の改善にも有効だという。

嗅覚は病気がなくても加齢とともに低下していくことが知られている。予防策としてはまず喫煙しないこと。タバコは慢性副鼻腔炎のリスク因子であり嗅神経にもダメージを与える。そして日常生活の中で意識してにおいを嗅ぐことを心がけよう。

(ライター 松田 亜希子)

[NIKKEI プラス1 2022年5月28日付]

「健康づくり」の記事一覧はこちら

日本の健康経営を推進するポータルサイト

健康経営優良法人認定制度における申請受付をはじめ、健康経営銘柄・健康経営優良法人認定企業の紹介、事例やデータ等を掲載。

>> 詳細はこちら