妊婦のコロナ対策、家族ぐるみで 妊娠後期は要注意

新型コロナ感染の重症化予防に妊婦もワクチン接種が勧められている(埼玉県川越市の愛知病院)

新型コロナウイルスが若年世代で拡大し、妊娠中の感染例も増えた。同居する夫や子どもなど家族内での感染が多いことが分かってきた。妊娠後期は重症化しやすいとされる。妊婦本人はもとより、家族の感染予防が重要だ。

「第5波」ではワクチン接種が遅れた20~30代の感染が増え、妊娠期の女性も多くいた。東京都のデータを基に日本医科大多摩永山病院の中井章人院長が集計したところ、都内の感染妊婦は2020年4月~21年7月に460人いた。うち今年7月だけで98人と2割を占め、増加が顕著だ。

厚生労働省によると、妊娠初期~中期なら基礎疾患がなければ一般の人より重症化しやすかったり、胎児に先天的な影響が出たりする可能性は低い。ただ妊娠後期は早産になりやすく重症化するケースがある。

厚労省研究班と日本産科婦人科学会の分析では「31歳以上」「妊娠25週以降」「(肥満度を表す)BMIが診断時に26.3以上」の人は酸素療法が必要な「中等症2」や重症に至りやすかった。

広津医院(川崎市)の広津伸夫院長は自院を訪れるコロナ患者のデータから「家庭内感染が多い」と分析する。患者アンケートでは、家庭内で1人が感染すると残る家族の6割近くに感染が広がるという。

夫から妻への感染が要注意だ。広津院長によると、インフルエンザの場合、妻から夫への感染率は1.9%だが、夫から妻は8.8%に上がる。「新型コロナでも同様の傾向が想定できる。夫は妻に比べて、家庭内での感染対策が不十分な可能性がある」とみる。

夫は体調に異変を感じたら「部屋を分けるなど家庭内隔離の工夫が必要」という。検査などで感染が確定した場合はできる限り宿泊療養施設などを利用することが望ましいと助言する。

次のページ
千葉大病院に専用病床
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント