日経プラスワン

疲労感や倦怠感を伴う病気は他にもさまざまある。尿や血液の検査、エックス線撮影、心電図検査、コンピューター断層撮影装置(CT)や磁気共鳴画像装置(MRI)での検査などで他の病気がないか調べる必要がある。こうした検査で異常がない場合は筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群が疑われる。

この病気で表れるのは疲労感や倦怠感だけではない。例えば全身に激しい痛みが起こる線維筋痛症がある。

大阪市立大学医学部付属病院疲労クリニカルセンター(大阪市)の倉恒弘彦客員教授は「以前の調査では患者200人ほどのうち、4分の3が線維筋痛症だった」と話す。全身の痛みは生活の質を低下させるため、痛みのコントロールが重要になってくる。

うつ症状が表れる例もある。倉恒客員教授は「脳内の神経伝達物質であるセロトニンの代謝障害が患者の多くにみられる」と説明する。

症状が出た場合、痛みには鎮痛薬、不眠なら睡眠薬、うつならば抗うつ薬といった形でひとまず対処することになる。認知行動療法や段階的運動療法、漢方薬やサプリメントの活用も考えられてきた。

ただ倉恒客員教授は「確立された治療法は今のところない。症状にあわせて対処するのが現状だが、誰にでも効果があるわけではなく、時には悪化することもある。医師が現状を把握しながら慎重に進める必要がある」と語る。

発症の仕組みも研究途上のところがあるが、近年、脳内の炎症が関与していると考えられるようになった。倉恒客員教授は「脳や脊髄にある免疫細胞のミクログリアの働きを抑えると、改善につながる可能性がある」と説明する。

村上部長は「新型コロナウイルス感染症から回復後の慢性疾患がこの病気の症状と似ている点も注目されている」と指摘する。判明していないところは多いが、ただの疲労と片付けられないケースがあることは覚えておきたい。

(ライター 仲尾 匡代)

[NIKKEI プラス1 2022年3月26日付]

「健康づくり」の記事一覧はこちら

日本の健康経営を推進するポータルサイト

健康経営優良法人認定制度における申請受付をはじめ、健康経営銘柄・健康経営優良法人認定企業の紹介、事例やデータ等を掲載。

>> 詳細はこちら