手帳の新トレンドは在宅仕様・大判化・サステナブル

365日毎日違う絵柄で、キャラクターたちの吹き出しに自分でコメントを記入していく手帳。21年版はスヌーピー、ムーミンの2キャラクターで各表紙が2種類ずつだったが、22年版はくまのプーさんが新登場。表紙の柄も全7種類に。「コミックデザインダイアリー」(税込み1980円)
365日毎日違う絵柄で、キャラクターたちの吹き出しに自分でコメントを記入していく手帳。21年版はスヌーピー、ムーミンの2キャラクターで各表紙が2種類ずつだったが、22年版はくまのプーさんが新登場。表紙の柄も全7種類に。「コミックデザインダイアリー」(税込み1980円)
日本で最も多く手帳を販売するロフトは、2021年8月中旬から手帳売り場を順次拡大。9月より「ロフト2022ダイアリー」として全店で大規模展開している。在宅ワークが普及するなどし、手帳のトレンドは大きく変化。そのラインアップからは「在宅仕様」「大判化」「サステナブル」など、新しいキーワードが見えてきた。
MONO TRENDY連載記事一覧