室内でも多い転倒、40~50代から増加 注意したい点は

写真はイメージ=PIXTA

屋外だけでなく、室内でも多い転倒。高齢者はもちろんだが、40~50代から目立ち始めるという。命に関わる頭部外傷や骨折の危険がある。新型コロナウイルス禍で在宅時間が増えたこともあり、注意したい。

誰しもちょっとした段差や階段につまずいたり、ぬれた道で転んでしまったりした経験があるだろう。東京消防庁の2019年の救急搬送データをみると、日常生活での事故で最も多いのが転倒で全体の7割近くを占める。年齢別では65歳以上が目立つが、40~50代から増えていく。

「転倒の主な原因は加齢、病気、運動不足」。日本転倒予防学会の武藤芳照理事長はこう強調する。筋力や柔軟性があり、関節の可動範囲も広いうちは転びそうになっても踏みとどまれるが、加齢とともにこうした力が弱まっていく。視力や聴力の衰えも転びやすさにつながる。パーキンソン病や糖尿病などは運動や感覚の機能を低下させる。

武藤理事長は「コロナ下の運動不足によって脚力が衰えると、転倒のリスクが高まる」と警鐘を鳴らす。1年以内に2回以上転んだ経験があったり、歩く、またぐなどの動作でふらついたりする人は脚力や体のバランスを保つ力が下がっている可能性が高い。

転倒によって骨折すれば完治までには時間がかかる。高齢であれば、寝たきりの原因にもなりかねない。軽い転倒にみえても、命に関わる場合がある。注意が必要なのが血液をサラサラにする抗血栓薬を服用する人。転倒で出血すると止まりにくいからだ。特に高齢者は転倒の衝撃で頭の中の血管が切れやすい。

脳神経外科を専門とする山口大学大学院の鈴木倫保教授(特命)は「加齢によって頭蓋骨と脳の隙間が広がると、転倒の衝撃による脳の動きも大きくなり、血管が切れやすくなる。頭蓋内で出血しても隙間に血がたまり、自覚症状がすぐには出ず、気づくと危険な状況になっていることがある」と話す。

軽い転倒でも、普段と違う様子があればすぐ医療機関を受診したい。抗血栓薬を服用中の場合は医師に薬の名を伝える。外出時に転倒した場合に備えてお薬手帳を携帯するのも大切だという。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント