オンライン会議、快適な音で マイクも特性知って使う

日経プラスワン

オンラインでの会議や授業が普及してきた。聞き取りにくい声に集中し続け、終了後ドッと疲れた経験は筆者だけではないだろう。今回は、聞き取りやすくする方策を提案する。

まずは出力側、スピーカーやヘッドホンについてだ。職場も学校もオンライン化が進み、家の中で複数人が同時にオンライン通話ということも少なくない。各人に防音の効いた部屋があればよいが、そうもいかない。となると、スピーカーの音量を小さくするか、イヤホンやヘッドホンを使用することになる。

会話の音は、大きければ聞き取りやすいわけではない。むしろ、周囲の音を打ち消そうと音量を上げると、音漏れが周囲への騒音になり、自分の耳も痛めてしまう。小さくても聞き取りやすい音を目指したい。

ヘッドホンの場合、耳に当てるだけの直径の小さなものよりも、耳をすっぽり包んでくれる大型のヘッドホンの方が、外からの遮音性は高くなる。近年、価格がグッと下がってきたノイズキャンセリング機能付きの製品ならばより遮音性が高くなる。外の音を感知してそれを打ち消す信号を発しつつ、聞きたい会話や音楽を流す仕組みだ。

ただし、耳を塞ぐヘッドホンやイヤホンは、蒸れたり、耳が痛くなったりすることもある。さらに、外の音が聞こえにくいので、来客や家族の呼びかけに気付けないことがある。そういった不都合を一気に解消してくれるのが、骨伝導ヘッドホンだ。

筆者は昨年から使い始めたが、予想以上に聞き取りやすく、オンライン講演では毎回使用している。耳をふさいでいないので、対話相手を拒絶しているように見えないのもいい。こまめに充電しないとバッテリー切れが心配なのと、たまに無線接続が不安定になるのが注意点だ。

首に掛けるネックスピーカーも選択肢だ。ヘッドホンやイヤホンと違って音が外に漏れるのだが、耳に近いので、それほど大きな音量にしなくても聞き取れる。ただし、オンライン会議などでマイクと併用すると、向きや出力によってはハウリングが起こる。

続いて入力側のマイクについて。快適な音にするには入力側の配慮も必要だ。マイクの入力レベルが大きすぎて割れた音や、小さすぎる音は聞く側のストレスになる。

次のページ
スマホのマイク、塞がないで