マグロの和風ステーキサラダ 相性いいワサビきかせて

刺し身用のマグロを使って、いつものグリーンサラダを、華やかに。わさびドレッシングで、和風に仕上げました。マグロとわさびの相性のよさは、言わずもがな。しっかりきかせていますので、量は好みで調整してください。

肉料理の添え野菜として使われることの多いクレソンは、ふだんの料理に使うことはあまり多くないかもしれません。ほろにがい味がアクセントになり、見た目も“ごちそうサラダ”にぐっと近づきますので、ぜひ使ってみてください。

材料(2人分、1人あたり162kcal
・マグロ(刺し身用さく)160g
・塩・こしょう(黒)各少々
・ニンニク1片(10g)
・サラダ油大さじ1/2
・サニーレタス2枚(40g)
・クレソン30g
・A[練りわさび小さじ1、酢・しょうゆ・サラダ油各小さじ2]

作り方(調理時間15分)

(1)マグロに塩、こしょうをまぶしつける。

(2)ニンニクは横向きに薄切りにする。Aは合わせる。

(3)フライパンに油とニンニクを入れて弱火でいため、薄く色づき、カリッとしたら大きめのボウルにとり出す。

(4)同じフライパンに(1)を入れ、中火で表面を30秒~1分ずつ、好みの焼き加減に焼く。とり出し、あら熱がとれたら厚さ1cmほどに切る。

(5)サニーレタスは食べやすい大きさにちぎる。クレソンは長さ4~5cmに切る。

(6)(3)のボウルに(4)(5)を入れ、混ぜ合わせる。器に盛り、Aをかける。

献立の例 エビマカロニグラタン、コンソメスープ

ひとくちメモ

マグロ さまざまな部位が売られていますが、このレシピに向くのは「赤身」です。中骨に近い部分で、脂が少なく、あっさりとした味わい。切り口の角がピンととがっているものが新鮮です。1切れを包丁ひと引きで切るのが、おいしそうに見せるコツです。

(ベターホームのお料理教室=大井 一範撮影)

[NIKKEIプラス1 2021年12月25日付]

これまでに掲載した「かんたんレシピ」の記事はこちらからご覧ください。


メールマガジン登録
大人のレストランガイド