母と親方の食育、弟子に伝承 元稀勢の里・荒磯寛さん食の履歴書

荒磯寛 元横綱稀勢の里=吉川秀樹撮影

元横綱稀勢の里の荒磯寛親方が8月、自分の部屋を起こした。弟子の育成で重視する分野の一つが食。大学院での学びも生かし、栄養の取り方に新しい手法を取り入れる。根底には両親から受けた食の教育と師匠の鳴戸親方(元横綱隆の里)から学んだ食の哲学がある。

相撲の世界は験(げん)を担ぐことが多い。現役時代に所属した鳴戸部屋では、場所の初日の食事は必ず、トンカツとあさり汁だった。理由は「あっさり勝つ」ため。自ら起こした荒磯部屋でも、この伝統は継承する。大関時代、場所の前日に近くの寿司(すし)店でカツオ丼を食べた。「勝つ男の丼」だと。初日に快勝したので、験を担いでやめられなくなった。この場所は初日から13連勝、結局13日間続けて同じ寿司店でカツオ丼を食べた。

そんな荒磯親方は8月、筑波大学の武道館内に仮設の部屋を開いた。正式な部屋は現在、近くに建設中で、来年5月に完成する。弟子も4人おり、連日稽古に忙しい。

小学5年生にして体重80キロ、靴のサイズ28センチと規格外だった。両親は運動選手でもなく、特別に体が大きかったわけでもない。荒磯親方の頑健な肉体は、両親の食に対する思い入れの賜(たまもの)だった。母親は「体にいい物をたくさん食べなさい」が口癖で、食卓には煮干しや酢の物など、子供が敬遠しそうな食材が必ず並んだ。スナック菓子や炭酸飲料は禁止された。

体にいいからと、自宅で使う油はすべてオリーブ油。なんでもオリーブ油をかけて食べた。天ぷらもオリーブ油で揚げるので、しなっとすることが多く、からっと揚がった天ぷらを食べたことがなかった。イタリア料理が大好きなのは、子供のころからオリーブ油に親しんできたためだ。

小3から始めた野球を中学でも続けた。給食は当然おかわりをするが、全く足りない。帰宅するやまず1回目の夕食、それから自主練習や筋力トレーニングに出かけ、戻ってから2回目の本格的な夕食を取った。甲子園の常連校からスカウトがきた。ずぬけた体格を評価され、相撲の強豪校からも声がかかった。

中学時代の野球仲間にプロ野球、千葉ロッテマリーンズで活躍する美馬学投手がいた。美馬投手と比べて、自分が将来、野球で飯を食っていくのは無理だなと悟った。相撲の世界に進もうと決めたのは、努力すれば自分の腕1本でのし上がれるし、たくさん稼げると考えたからだ。

父親は息子を角界に進ませたかったようで、自宅のテレビには相撲の生中継や録画した取り組みが流れていた。父親は「身長180センチを超える日本男児は相撲取りになるべきだ」とよく口にしていた。

次のページ
20人前のパスタ食す
エンタメ!連載記事一覧