伊勢神宮お膝元の地ビール 日米仕込み「ねこにひき」

タンクからビールを注ぐ二軒茶屋餅角屋本店の鈴木成宗社長(三重県伊勢市)

伊勢神宮のおひざ元である三重県伊勢市。昔からお伊勢参りの人々を集めてきたこの町で、地ビールが造られている。製造するのは1575年(天正3年)創業の二軒茶屋餅角屋本店(同市)。同社は現在も餅菓子を製造するが、21代目の現社長、鈴木成宗氏が1997年からビール造りに挑んでいる。

同社は「伊勢角屋麦酒(いせかどやびーる)」のブランドでビールを売り出しており、さっぱりとした飲み応えが売り物の「ペールエール」、鈴木社長が自ら地元・伊勢市で採取した天然酵母を使った「ヒメホワイト」、かんきつ系のホップの香り豊かな「IPA」などの商品がある。なかでも鈴木社長が推しているのが「ねこにひき」だ。

鈴木社長の名刺には「酵母ハンター」の肩書が書かれている。世界に通用するビールを求めて国内外へ出かけている。2016年秋、お互いが持っている酵母を使って新しいビールを造ろうと、鈴木社長は米国オレゴン州ポートランドの醸造所、カルミネーション・ブルーイングを訪ねた。

これをきっかけに交流が生まれ、カルミネーション・ブルーイング側が来日して翌年仕込んだビールが「ねこにひき」だ。苦みが抑えられていて、白く濁っているのが特徴だ。味わいはフルーティーに仕上がった。こうしたビールは「ニューイングランドIPA」と呼ばれる。米国東海岸発祥で、現地で人気を集めている。日本のビールといえば黄色く澄んでいて、飲んだ時に苦みがあるという先入観が覆される。

ユニークな名前は日米交流の証だ。瓶のラベルには2匹のネコが描かれている。大きなネコは鈴木社長が飼っている「ぎん」で、小柄なネコは米国側のオーナーの飼い猫だった「アビィ」だ。ビール醸造所では原料の麦芽を狙うネズミを追い払うため、古来ネコを飼うことが多かったことも反映している。