円形脱毛症、誰もが発症の可能性 ストレス以外も要因

日経プラスワン

ある日突然、頭髪が抜ける「円形脱毛症」。年齢や性別を問わず誰もが発症する可能性がある。原因と考えられてきたストレスは誘因の一つにすぎず「自己免疫反応」の関与が分かってきている。

円形脱毛症はある日突然、頭髪が抜けてしまう病気。発症の仕組みは明らかになっていないが、「自己免疫反応」によって脱毛が起こることが分かってきている。

人の体には細菌やウイルスなどの異物が侵入したとき、攻撃して身を守る免疫機能が備わっている。この免疫機能に異常が生じ、自分自身の体の一部を攻撃してしまうのが自己免疫反応だ。

脱毛症専門外来を担当する浜松医科大学の伊藤泰介病院教授は「円形脱毛症の場合、免疫細胞のTリンパ球が毛根を誤って攻撃することで炎症が起きて、毛が成長できずに抜けてしまう」と説明する。

一般的にはストレスが原因と考えられてきたが、発症のきっかけの一つにすぎない。過度な疲労や睡眠不足、インフルエンザなどの感染症、出産などで発症したり、再発したりすることもある。「最近は新型コロナウイルスのワクチン接種後や感染後に、円形脱毛症を発症する人もいる」(伊藤病院教授)

思い当たるきっかけがないことも多く、年齢や性別を問わず誰もが発症する可能性がある。血縁者に円形脱毛症を経験した人がいる場合は、なりやすい体質が受け継がれていると考えられるが、必ず発症するわけではない。

症状は5つのタイプに分けられる。頭髪が円形に1カ所抜ける「単発型」、2カ所以上抜ける「多発型」、頭髪の生え際が帯状に抜ける「蛇行型」、頭髪がすべて抜け落ちる「全頭型」、眉毛やひげなどの体毛も抜ける「汎発型」だ。脱毛範囲が頭皮の25%以上になると重症とされる。

なごみ皮ふ科(神奈川県海老名市)の斉藤典充院長は「最も多いのは単発型。脱毛範囲が小さく広がってこなければ、しばらく様子を見るうちに自然に治ることもよくある」と話す。ただ、脱毛範囲が小さくても気になる場合や、脱毛部位が増えたり広がったりしたときには、早めに皮膚科専門医がいる医療機関を受診するといいだろう。「治療は脱毛の範囲や進行の速度などを考慮して選択される」(斉藤院長)