さわやかな酸味 豚バラ肉のオレンジマーマレード煮

日経プラスワン

かたまりの豚バラ肉の煮こみ料理。時間は少々かかるものの、おいしくやわらかく、大満足の一品ができあがります。

かたまりの豚肉は、下ゆでだけでも時間がかかるものですが、ゆでる前に切ることで、時短につながります。

マーマレードはさわやかな酸味を加え、バラ肉の脂っぽさをやわらげます。また、おいしそうな照りを出してくれます。

セリは、今が旬の青菜。香りが高く、ほろにがさがあります。食感も味も豚バラ肉とは対照的な、おいしいとり合わせです。

材料(2人分、1人当たり529kcal)
・豚バラ肉(かたまり)250g
・A[水250ml、オレンジマーマレード40g、ネギ(青い部分)5cm、ショウガ小1かけ(5g)、酒大さじ2]
・しょうゆ大さじ1
・セリ1/2束(50g)

作り方(調理時間50分)

(1)豚肉は6等分に切る。鍋に豚肉とかぶるくらいの水を入れ、火にかけ、下ゆでをする。沸騰したらアクをとり、弱めの中火で約10分ゆでる。ざるにとる。

(2)ショウガは皮つきのまま薄切りにする。セリは根を落とし、さっとゆでる。長さ4~5cmに切る。

(3)厚手の鍋に豚肉、Aを入れ、火にかける。煮立ったらアクをとり、ふたをずらしてのせ、弱めの中火にして約15分煮る。

(4)しょうゆを加え、約15分煮る。途中で上下を返す。

(5)ふたをとり、火を強めて煮汁が少なくなるまで煮詰める。

(6)肉をとり出して器に盛り、セリを添える。

献立の例 ポテトサラダ、いり大豆の炊きこみごはん、エノキダケのみそ汁

ひとくちメモ

マーマレード 風味と照りを加えるだけでなく、かんきつ系の皮に含まれる「ペクチン」などのはたらきで、肉をやわらかく仕上げる効果もあります。残りがちなマーマレードも、このように料理に活用すると、ムダなく食べきれますね。

(ベターホームのお料理教室=大井 一範撮影)

[NIKKEIプラス1 2022年2月19日付]

これまでに掲載した「かんたんレシピ」の記事はこちらからご覧ください。