在宅勤務「書斎」で快適に 1畳分の空間うまく変身

かかとを地面につけて快適な作業を=丹野 雄二撮影

「自宅は狭すぎるから仕事はできない」「子供部屋が必要になったので、書斎なんて夢……」。そう思っているなら諦めないで。スペース1畳分で、あなたの自宅にも書斎は作れるのだ。

最近は仕事場として使われることも多いカフェだが、多くは1席あたり0.9畳以下の面積で設計されている。また都内などでは電話ボックス型のテレワークスペースが駅構内などに設置されているが、その大きさは約0.8畳程度。それならば、同じ程度広さのスペースが自宅内に作れたら経済的だ。

机と椅子、小ぶりなボックスがあれば、家中どこでも、簡易的な書斎になる。立派な本棚を備え付ける必要はない。作業に使う文房具や書類を、その日使う分だけ収納できれば、カラーボックスでもカゴでもOKだ。

寝室やリビング、キッチンの一角など、1畳分のスペースを家の中で探してみよう。目を凝らして探せば、誰の家にでも“余力”があるはずだ。

たとえば、使っていないトレーニングマシン、引っ越し以来開けていない段ボール箱、ひな人形に、衣替え用の衣装ケース――。「使っていないモノ」が床に置かれていれば、それらを手放すか、収納方法を見直して、スペースを捻出しよう。季節の衣類など、どうしても手放せないモノは、宅配収納サービスに預けてしまうのも手だ。月々数百円程度の保管料であれば、カフェ代と比べても安価だ。

リビングルームなど家族との共有スペースに書斎を作る場合は、可動式パーテーションで空間を区切るのもよいアイデアだ。中には、ウオークインクローゼットを改造して仕事場にしたという猛者もいる。なお、書斎スペースを探すときは、コンセントの場所も併せて確認を怠りなく。

「家族が気になって、家だと集中できない」という人は、家庭内に「聖域」を作ることを試してほしい。いわば、話しかけることができない“結界”を張るのだ。

自分の領域を作る際、便利なのがラグマット。壁や窓に向けてデスクを設置し、デスクを取り囲むようにして少し余裕を持たせてラグを敷く。仕事中にラグに入るときは一声かけてもらうのを家族のルールにしよう。

家族も「常に静かにする」のでは息が詰まるので、集中したい時間を可視化することも大切だ。ノイズキャンセリング付きのヘッドホンを使えば、自分自身も作業に集中できるし、家族から見ても「ヘッドホンをつけているときはなるべく話しかけない」などとルール化しやすい。

集中タイムだけパーテーションをしきり、それ以外はオープンにしておくなど、集中と休憩の切り替えを家族にも意思表示しておこう。

次のページ
「差尺」を理想の値に調整