頻尿や痛み…女性に多いぼうこう炎 男性も慢性化注意

写真はイメージ=PIXTA

排尿時の痛みや頻尿に悩まされるぼうこう炎。細菌が主な原因の急性ぼうこう炎は女性に多い。ただ様々な病気が背景にある慢性タイプもあり、放置すれば重症化しかねない。その特徴や注意点を知っておこう。

ぼうこうは腎臓でつくられた尿をためておく袋状の臓器だ。たまった尿が一定量を超えると収縮し、体外に排出する。こうした仕組みが内側の粘膜の炎症で正常に働かなくなり、排尿障害が起こる。これが急性ぼうこう炎だ。症状としては頻尿や排尿時の痛み(排尿の終わりごろに感じる例が多い)、残尿感(出し切れていない感覚ですぐまたトイレに行きたくなる)、尿の濁りや血尿などがある。

尿道からぼうこうの内部に侵入した大腸菌などの細菌が増殖して炎症を引き起こすのが主な原因とされている。女性に多いのは体の構造上、男性に比べて尿道の長さが短いうえ、尿道の入り口と肛門の距離が近く、雑菌が入りやすいためだ。

女性医療クリニックLUNAグループ(横浜市)理事長の関口由紀医師は「病気や過労、ストレス、加齢によって免疫力が弱まると、発症しやすくなる。閉経後の女性は膣(ちつ)内で細菌の繁殖を抑える働きをしていた常在菌が減ってしまい、繰り返しやすくなる」と説明する。

排尿を長時間我慢することのほか、生理(月経)、妊娠などが原因になりうる。若い女性の場合、性交に由来するケースも目立つという。「侵入した雑菌は尿とともに体外に排出されるので、性交後の排尿を習慣付けるとリスクを減らせる」と関口理事長。

急性ぼうこう炎であれば、抗生剤治療で数日のうちに治る場合が多い。泌尿器科を受診すれば、尿検査を受けることになる。尿中に細菌などがみつかった場合、原因となった細菌の種類も調べる(尿培養検査)。細菌によっては特定の抗生物質に耐性を持っていることがあり、こうした検査の結果を踏まえて処方する薬を選ぶことになる。

五本木クリニック(東京・目黒)の桑満おさむ院長は「何らかの理由で抗生剤を服用していた場合、正確な検査ができなくなる。検査時には服用せずに臨んでほしい」と訴える。薬の服用に関しては「症状が治まっても、細菌が残っていることがある。処方された分は必ず最後まで使い切ってほしい」と強調する。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント