かわいいペット、自然な姿を撮るならスマホ 光に注意

スマートフォンで猫の自然な姿を撮影(東京都杉並区)=鈴木 愛子撮影

かわいいペットの写真を撮るには、一眼レフなど本格的なカメラが必要だと思われがちだ。だが実は、スマートフォンが向いているそうだ。フォトグラファーらに上手に撮るコツを聞いた。

「カメラを構えるとそれだけで逃げてしまうような臆病なペットでも、スマートフォンならさほど警戒されない」と話すのはフォトグラファーの鈴木愛子さん。手の向きでアングルを簡単に変えられるのもスマホの利点だ。レンズを逆さまにしてローアングルから狙ったり、キャットタワーなど高いところに飛び乗った猫の目線に合わせてスマホを構えたりと、動くペットに合わせて自由自在にアングルを変えられる。

ペットを撮る前に、フラッシュは必ずオフにしておく。フラッシュはペットを驚かせてストレスを与えるだけでなく、光に敏感な動物の目を傷つけてしまうこともある。

いい写真を撮るためには光を味方につけることが大切だ。家の中で撮影するときには窓辺など家で一番明るい場所を選び、窓やカーテンを開けるといい。「白い壁の前は光がきれいにまわるのできれいに撮れる」(鈴木さん)

もうひとつ大切なのが、光の向きをよく見ること。順光(カメラと同じ方向からの光)よりも、被写体の背後から光が当たる「逆光」や、横方向から光が当たる「サイド光」で撮ると、陰影がついた雰囲気のある写真になる。いつもと違った1枚が撮りたいときには、試してみよう。

逆光で撮ると、光量が足りずに暗くなり過ぎてしまうこともある。そんなときは「HDR」を活用するといい。HDRとは「ハイダイナミックレンジ」の略称で、明るさや暗さを自動で補正してくれる機能だ。スマホの機種によっては自動で設定されるほか、一部のiPhoneなどではカメラ機能を立ち上げて画面上部「HDR」をタップすることで設定できる。

白い毛の猫や犬をそのまま撮影して白飛びしてしまったり、反対に黒い毛の場合に暗くなりすぎてしまうのを防ぐにもHDRが有効だ。写真に不慣れな人でもバランスのとれた明るい写真が撮れる。

次のページ
激しい動きは動画で撮影