急な運動かかとに激痛 足底腱膜炎、ストレッチで軽減

写真はイメージ=PIXTA

在宅勤務が増えて運動不足が心配になり、ジョギングを始めた人もいるだろう。ただ急に頑張りすぎて足底腱膜(けんまく)炎を起こし、歩くのさえ大変になる場合がある。いざというときの対処法や予防策を覚えておこう。

朝目覚めて体を起こして足を踏み出したとき、かかとに激痛が走る。体重をかけすぎないように気をつけて歩いていると治まる。こうした症状について、足の外科センターを置く第三北品川病院(東京・品川)の野口昌彦院長は「足底腱膜炎である可能性が高い」と指摘する。デスクワークで長時間座っていて、再び歩き出すと痛みを感じる人も少なくないという。

足裏にはかかとから指の付け根まで「足底腱膜」が広がっている。歩いたり走ったりして足底腱膜への負荷が高まると、傷ができるなどして痛みが起こる。

急に走ったり、たくさん歩いたりするようになった。立ち仕事が増えた。地面からの衝撃が伝わりやすい靴を履くようになった。こうしたことがきっかけとなりうる。野口院長によると、肥満が誘発することもある。体重を減らすだけでも症状が和らぐ例があるそうだ。年齢を重ねて足底腱膜が硬くなっても起こりやすいとされている。

中高年に比較的多いが、帝京大学スポーツ医科学クリニック(東京都八王子市)の笹原潤院長は「若い人でも陸上やラグビーといった走る機会の多いスポーツをする人に起こりやすい」と話す。

継続的な激しい運動は足底腱膜に負荷がかかる。剣道やバドミントンといった足を踏み込むことの多いスポーツでも痛みが出やすいという。「普段体を動かしていない人が準備運動もせずにジョギングなどを始めると、膝だけでなく、足底腱膜にも痛みが出てしまうので注意してほしい」と警鐘を鳴らす。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント