手に収まるミニ盆栽 室内に彩り、季節の変化楽しむ

ミニ盆栽は室内でも楽しめる(東京都世田谷区の品品)=遠藤 宏撮影

手のひらに収まるくらいの「ミニ盆栽」が人気を集めている。庭がなくても室内に飾るなど気軽に楽しめて、生活に彩りを与えてくれる。育てるときの注意点や手入れの基本を教わった。

盆栽の「盆」とは鉢などの器を、「栽」は植物を意味する。小さな鉢の中に自然の風景を切り取って映し出す日本の伝統文化だ。海外でも「BONSAI」と呼ばれ、愛好家がいる。

少し前まで盆栽には「シニアの趣味」「なんだか難しそう」といったイメージを持つ人が多かったかもしれない。ただ近年は幅広い世代がミニ盆栽を楽しむようになっている。小ぶりで室内やマンションのベランダなど置く場所を選ばないこともあり、和の風情やモダンなインテリアとの調和を楽しむケースが増えているようだ。

「伝統的な盆栽は奥が深く、様々な決まり事があってハードルが高いと感じる人もいるだろうが、ミニ盆栽であれば手のひらサイズの庭を持つ感覚で気軽にできる。植物を育てる喜びや四季の移り変わりを感じられるのが魅力」。盆栽の新たなスタイルを提案する品品(東京・世田谷)代表の小林健二さんは話す。

ミニ盆栽の多くは直径10~20センチほどの大きさの鉢を使用。若い樹木を植え、土の上にコケを張ったり、化粧砂をのせたりして仕上げている。

植物の種類や大きさなどにもよるが、園芸店や雑貨店などで数千円程度から購入できる。ハサミやピンセットなど初心者用の道具セットをまとめて買う人も目立つ。

主体となる樹木は常緑樹や落葉樹、花が咲くものなど種類は様々。「最初は春の芽吹き、初夏の深緑、秋の紅葉、冬の立ち姿など、1年を通して変化する姿が見られ、初心者でも扱いやすいモミジがオススメ」と小林さん。

盆栽を育てると聞くと、ハサミで剪定(せんてい)する姿が思い浮かぶ。しかし実際には年に1~2回程度切ればすむものが多いという。剪定をもっと楽しみたい人は手入れするほど枝ぶりがよくなるニレケヤキなどを選ぶとよいそうだ。

普段の手入れでは「水をやって、日に当てて、伸びてきたら切るだけなので、それほど難しくはない。ただ季節によって調整することが必要」(小林さん)。

ミニ盆栽を始めたのにすぐ枯らしてしまったという声も聞かれるが、原因と考えられるのは主に水のやり忘れだという。水やりは単に水分を与えるだけでなく、酸素を十分に取り込めるようにする役割がある。鉢のコケや化粧砂の湿り具合を確認し、土が乾ききる前に水やりをしよう。

次のページ
コケが主役も 乾燥に強く