チョコレートのマシュマロムース 板チョコで簡単調理

日経プラスワン

バレンタインデーでは友だちに「友チョコ」を贈ったり、自分へのごほうびにチョコレートを用意したりと、近ごろは意中の人へチョコレートを贈るだけでなく、さまざまな楽しみ方があるようです。

今週のレシピは、少ない材料で作れるチョコレートのムース。マシュマロでムースの食感を出しました。

製菓用チョコではなく板チョコを使うので、手に入りやすく、包丁を使わなくても細かくできます。「ビター」でも、甘味は十分。ベリーの甘ずっぱさが、さらに甘味を引き立てます。好みでオレンジピールやナッツ類に変えてもよいでしょう。

あら熱をとる時間、冷やし固める時間は、調理時間に含みません。

材料(容量約120mlの器4個分、1個分258kcal
・板チョコレート(ビター)2枚(100g)
・マシュマロ100g
・牛乳200ml
・冷凍ミックスベリー(50g)

作り方(調理時間30分)

(1)チョコレートは細かく割り、湯せんにかけて溶かす。

(2)マシュマロ4個は厚みを半分に切る。型で抜き、飾り用にとりおく。

(3)鍋に残りのマシュマロ((2)で抜いた残りも)と牛乳を入れて火にかける。周りがフツフツしてきたら泡立て器でよく混ぜ、マシュマロを溶かす。

(4)マシュマロが溶けたら火を止め、(1)を加えてよく混ぜる。あら熱をとる。

(5)ミックスベリーは水気をふきとる。4等分し、器4個に入れる。(4)をそそぎ入れ、冷蔵庫で約2時間、冷やし固める。

(6)飾り用のマシュマロをのせる。

献立の例 ホットレモンティー

ひとくちメモ

チョコレートの湯せん 鍋に湯を沸かして火を止めます。細かくしたチョコレートをボウルに入れ、鍋に浮かべて混ぜながら溶かします。鍋の湯がボウルに入らないよう、気をつけて混ぜてください。また、湯が熱すぎるとチョコが分離するので、注意。めやすの温度は、60℃です。

(ベターホームのお料理教室=大井 一範撮影)

[NIKKEIプラス1 2022年2月12日付]

これまでに掲載した「かんたんレシピ」の記事はこちらからご覧ください。