おうちワイン、おいしく飲みきる 小容量や箱タイプも

写真はイメージ=PIXTA

11月18日はボージョレ・ヌーボーの解禁日。秋はワインがおいしい季節だが、1本飲みきれないからと、ちゅうちょしてしまう人もいるだろう。ワインをおいしく飲みきるコツを紹介しよう。

ワインをおいしく飲むには「開栓後できるだけ早く飲みきる」が原則。だが、新型コロナウイルスの影響で、大人数での飲食がはばかられる昨今。少人数では、ボトルのワインを飲みきるのが難しい。最近は家飲みをする人も増えているが、はじめからワインというより、手軽に「まずはビール」になりがちだ。となると、ワインはますます飲みきりにくくなる。

ワイン栓の効果は?

開栓したワインの味が劣化するのは、空気中の酸素に触れて酸化するため。防ぐには、なるべく酸素に触れさせないようにする必要がある。飲み残したワインを保存するグッズとして、まず思いつくのが専用のワイン栓だろう。市販のワイン栓は大きく2種類あり、一つは単に飲み口に栓をして密閉するだけのもの。もう一つは中の空気を抜きながら栓をするものだ。

ただ筆者の経験では、どちらのタイプも、日もちにはほとんど違いがない。空気を抜くタイプでも完全に抜くことは不可能だし、ワイン自体の個体差もあるので、明確な差は感じられないというのが実感だ。手ごろな大きさの小瓶があれば、残ったワインを移し替えるのもいい。空気に触れる面積が減らせ、それだけ酸化を防ぐことができる。

小サイズ・箱ワイン

どうせ飲みきれないなら、はじめから小容量のワインを購入するのも手だ。ここ数年、小瓶や少量パックのワインの種類が増えている。以前から新幹線ホームの売店などにあったが、最近は一般のスーパーでも扱いが増えている。選択肢が増え、好みのワインが見つかるかもしれない。

逆に、ワインボトル3~4本分の量が入った箱ワインもおすすめだ。バッグインボックスとも呼ばれ、箱の中には樹脂製の容器に詰めたワインが入っている。空気に触れにくいので、酸化が抑えられるという利点がある。空気に触れないボトルのしょうゆがあるが、あのワイン版だと考えると分かりやすいかもしれない。パックに付いている蛇口を箱に固定し、栓をひねってワインをグラスに注ぐ。

冷蔵庫で温度管理を十分してやれば、数週間から1カ月程度はおいしく飲める。少しずつ注げるので、料理に使うにもワインカクテルを楽しむにも使いやすい。

次のページ
味の変化を楽しむ