資生堂「ドランクエレファント」 混ぜるスキンケア

2021/11/10
期間限定店で直接商品に触れられる機会をつくる(東京都新宿区)

資生堂は日本で展開を始めた新ブランド「ドランクエレファント」の商品を手に取れるポップアップ店を伊勢丹新宿店(東京・新宿)に開いた。19日までの期間限定だが、オンラインを主な販路とする同ブランドの商品や世界観を体験できる拠点として活用する。




好みの美容液やクリームを混ぜる「スムージー」

伊勢丹新宿店1階。名だたるブランドがコーナーを設ける化粧品売り場を奥に進むと、蛍光ピンクの大きな唇のオブジェに目を奪われる。ピンク、黄色の元気なネオンカラーを特徴とするドランクエレファントのポップアップ店「ドランク イン トーキョー」だ。

ドランクエレファントは2013年に米国で生まれたスキンケア化粧品のブランドだ。製品はすべて弱酸性・低分子で混ぜやすく、肌になじみやすい処方で作られている。効果の異なる複数のアイテムを手で混ぜ合わせて使うことを提案しており、ポップアップ店では、好みの美容液やクリームを混ぜる「スムージー」を体験できる。

店頭のタブレットで肌の悩みについての質問に2つ答えると、おすすめのスムージーを提案してくれ、その場で試せる。乾燥によるくすみが気になる、うるおいのある肌になりたい、と回答した記者には「めっちゃツヤスムージー」という名前のレシピが出てきた。クリームと化粧水、オイル状美容液を混ぜて使うとよいという。質感の異なる化粧品でもきれいに混ざり、すっと手になじむ使い心地を体験できた。

次のページ
世界のデジタルネーティブがファンに
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2022
Instagram