夏の食中毒、下痢止めは逆効果 対策の基本は

日経プラスワン

蒸し暑いこの時期は細菌も増えやすく、食中毒が気になる。多くの場合は一過性で自然に治ることも少なくないが、中には重症化するケースもある。調理や食品保存の仕方などを工夫し、食中毒を予防したい。

食中毒は細菌やウイルス、キノコの毒などがついた物を食べて腹痛や下痢、発熱などを起こす病気だ。特に高温多湿になる6~9月は細菌が増殖しやすく、食中毒が増える。

最も多いのがカンピロバクターによるもの。主に肉類の加熱が不十分だと感染する。鶏肉で検出される率が高く、特に注意が必要だ。埼玉医科大学総合医療センター、総合診療内科・感染症科の岡秀昭教授は「発症初期に高熱が出てインフルエンザに似ているため“夏のインフルエンザ”ともいわれる」と説明する。

その後腹痛や下痢を起こすが、潜伏期間が2~7日と長く、本人は食物が原因と思わないことも多いという。「ほとんどは数日で軽快するが、ごくまれに、感染から数週間後に手足の麻痺や呼吸困難などを起こすギラン・バレー症候群になることがある」と岡教授は注意を促す。

「サルモネラ菌の感染源は肉や卵。ペットのカメや犬からも移る。子供は重症になることがあり、ペットを触った手を口につけないように注意し、手洗いの励行を」と浜松医療センター感染症管理特別顧問の矢野邦夫氏は指摘する。

行楽の季節に気をつけたいのがおにぎりやサンドイッチなど、素手で作る食品に付着する黄色ブドウ球菌だ。「皮膚の傷口などに潜んでいるので、調理には手袋を使いたい」(矢野特別顧問)

岡教授は「最近の“ジビエブーム”でE型肝炎ウイルスの食中毒が増えている」と指摘する。ウイルスに感染したシカやイノシシなどの野生動物の肉を十分に加熱しないのが原因だ。2~9週間ほどの潜伏期間の後、発熱や腹痛、肝機能低下による黄疸(おうだん)を起こし、まれに劇症化する。高齢者ほど重症化しやすい。

カキなどが感染源になるノロウイルスは冬の印象があるが、リスクは一年中ある。夏場は感染者からうつることが多いので、吐しゃ物は素手で触らないようにする。

写真はイメージ=PIXTA