ロゼットのクレンジング メーク落とし、乾燥対策両立

2022/2/19

化粧品の製造・販売を手がけるロゼット(東京・品川)のクレンジングバーム「夢みるバーム 赤泥リンクルモイスチャー」が人気だ。赤泥やローズヒップオイルなどの美容成分がメークを落としつつ、乾燥による小じわを目立たなくするという。新型コロナウイルス下でマスクの着用が定着するなか、肌荒れを気にかける20~40代の女性を中心に支持を集めている。

毛穴に入ったメークや古い角質を洗い落とし、ふっくらとしたうるおいのある肌に整える。紅茶の香りを採用し、心地よく使えるように工夫した。容量は90グラムで、希望小売価格は1980円。全国のドラッグストアやオンラインショップで取り扱う。

同社によると、コロナ下で在宅時間が増えるなか、スキンケアに力を入れる女性が多くなっているという。2021年9月に発売して以来、当初計画を5割上回るペースで売れている。

[日経MJ 2022年2月9日付]

「イイネ!」記事一覧